インターネット放送を聴く
 
 
QR Code
台湾経済最前線(2017/11/02)屋根・屋上での太陽光発電設置に4割補助 台湾経済最前線
2017-11-03
  • 屋根・屋上に太陽光パネル

    屋根・屋上に太陽光パネル

    苗栗県では再生可能エネルギー推進政策の一環として、企業や家庭の屋根・屋上での太陽光パネル設置を奨励してきた。(写真:苗栗県/CNA)

蔡英文・総統:台湾はグリーンエネルギーのリーダーに

屋根・屋上での太陽光発電設置に補助

設置費用の4割を補助、総額数百億元に

屋根・屋上での太陽光発電、2020年に3GWを目標

屏東県に屋根・屋上での太陽光発電は1000件、コスト高く普及難航

 

9月の輸出受注、14カ月連続のプラス成長

4項目の産業が受注押し上げ

対アメリカ、対中国大陸が記録更新

 

9月の失業率、この17年で同月最低

 

使用曲 舒涵「別説你還會想念我」(今も好きだなんて言わないで)

ミュージックステーション(2018/07/16)蕭秉治『凡人』

今週は、台湾のシンガーソングライター、廷廷(ティンティン)こと、蕭秉治の新作をご紹介いたします。
ティンティンは、台湾のロックバンド「MP魔幻力量」(マジックパワー)のボーカルで、作詞、作曲も手がけていました。しかし、バンドが音楽界で頭角を現し始めた頃、メンバー二人がスキャンダルのため相次いでバンドを脱退しました。ティンティンもプレッシャーでうつ病が発症し、家を出られない状態になったそうです。

『凡人』は、ティンティンが活動中止から音楽界へ戻った後、過去を引き継ぎ、新たな未来へ歩み出すという意味合いで作ったアルバムです。

 

 

※7月16日にご紹介した曲:

1.「射手」(シューター)

2.「凡人」

3.「我好想好想你」(あなたに会いたい)

4.「天使之城」(天使の城)

5.「我無法不愛你」(あなたを愛さずにはいられない)

 

(more)

台湾博物館(2018/07/15)「台湾通信」日本の西日本豪雨、蔡英文総統がお見舞いのメッセージ

日本の西日本豪雨、蔡英文総統がお見舞いのメッセージ

「台湾でも豪雨被害は頻発しており、我々もその被害の深刻さを身をもって経験しています。 台湾は日本が必要とするあらゆる支援を行う用意があります」

 

日本の西日本豪雨、台湾が2000万円の政府義援金を贈呈

謝長廷・駐日代表から日本台湾交流協会の谷崎泰明・理事長に目録

 

大型で非常に強い台風8号、台湾北部をかすめる

台北市・新北市・基隆市などで10日午後4時以降は台風休み

一斉帰宅で交通が一時マヒ、「四時の乱」

 

11日は台北市・基隆市で通常通りの、新北市は休み

台北市・新北市・基隆市は共同生活圏、台風休みの対応異なり賛否両論

11日朝に風雨弱まる、柯文哲・台北市長に称賛「神予測」

通常通りの出勤・通学に賛成、半数以上

台北市・新北市・基隆市で一致対応を、半数以上

統一選挙間近で台風休みも難しい判断、選挙への影響は

 

台風8号で5万世帯が停電、人的被害はなし

 

頼清徳・内閣で一部改造、閣僚級9ポストが交代

葉俊栄・教育部長

徐国勇・内政部長

呉宏謀・交通部長

蘇建栄・財政部

蔡清祥・法務部長

谷辣斯.尤達卡(Kolas Yotaka)・行政院報道官

陳其南・国立故宮博物院院長

高俊雄・体育署長

胡忠一・農糧署長

 

行政院報道官の谷辣斯.尤達卡(Kolas Yotaka)氏、立法委員からの転任

テレビキャスターから政界へ

アミ族出身、先住民としては初めての行政院報道官起用

 

台湾大学学長問題で交代頻発の教育部長、葉俊栄氏は内政部長から横滑り

 

(more)

お便りありがとう(2018/07/13)玉山会主催夏の集いのご案内など

台湾国際放送リスナーズクラブ玉山会主催夏の集いのご案内など。台湾国際放送の関西地方におけるリスナーズクラブ、大阪玉山会主催の恒例の夏のリスナーの集いが7月28日(土曜日)に開催されます。夏の集いでは、第1部において、「台湾国際放送と私」と題し、今井薫玉山会副会長の司会によりリスナーによる座談会を行います。また、今回は放送局からスタッフの参加はないものの、日本語課長王淑卿より、ビデオによるメッセージと日本語課の現状についてお伝えいたします。夏の集いは台湾国際放送のリスナーの方はもちろん、台湾に興味がある方であればどなたでも参加していただけます。

(more)

台湾経済最前線(2018/07/12)来年のカレンダーが決定、休日は115日・連休は6回、春節は9連休

来年のカレンダーが決定、休日は115日・連休は6回、春節は9連休

3日以上の連休は春節(旧正月)9日、和平紀念日4日、児童節・民族掃墓節4日、端午節3日、中秋節3日、国慶節4日

 

経済が回復、蔡総統「目標は人々が生活が良くなったと実感すること」

 

5月の輸出受注11%増加、5月として過去最高

賃金の増加幅、5カ月連続で2%以上

 

大気汚染防止法が改正、罰金最高は2000万台湾元

 

使用曲 林俊傑「I am alive」

(more)

対外関係(2018/07/11)台湾が難民に医療を提供、オーストラリアからの受け入れで昨年9月に秘密協定

台湾と韓国、空港の自動通関ゲートの相互使用開始

昨年の韓国からの旅行者は延べ105万人、中国大陸、日本、香港に次ぐ多さ

台湾から韓国への旅行者は89万人

 

台湾が難民に医療を提供、オーストラリアからの受け入れで昨年9月に秘密協定

7カ月でナウルからの難民十数人が台湾で医療受ける、費用はオーストラリア政府が負担

ナウルは台湾の国交国

オーストラリアは難民増加の防止を期待

台湾は国際医療への貢献に意欲

 

日本の高校生の修学旅行先として台湾が人気、台北市が修学旅行仲介センターを設置

日本の高校生の台湾修学旅行、2009年の71校・1万149人から、2016年は386校・4万3993人に増加

台北市へは2015年5351人、2016年、5790人2017年5229人

年間8000人の誘致を目指す

台北市の松山工農・愛媛県の松山工業は姉妹校、毎年生徒が交流

(more)

数字の台湾(2018/07/09)「27%」20~30歳の住宅購入者、2年前に比べて27%増

「27%」

今年第1四半期(1~3月)、20~30歳の住宅購入者は2016年同期比27%増

4608人で2年連続増加

 

20~30歳の住宅購入者の28.8%、年終40万台湾元以下

100万台湾元以上11%、40万~100万元60%

平均購入価格は871万元、7割ローンを組んでも頭金250万元必要

 

親からの資金援助で購入しているのが明らか

景気好転で親の経済力向上か

 

(more)

ミュージックステーション(2018/07/09)第29回金曲奨:方言部門受賞者

台湾音楽界の最大規模の賞・金曲奨(ゴールデン・メロデイ・アワード)の授賞式が6月23日に行われました。

 今週は台湾のほかの方言、台湾の二番目に大きいエスニックグループ、客家人の言葉「客家語」、台湾の「原住民族語」部門の受賞作と、「最優秀バンド賞」に輝いたバンドをご紹介いたします。

 

「最優秀客家語シンガー」に選ばれたのは、中国の客家歌手・秋林です。元々標準中国語で創作をしていた彼は、ふるさとの物語を伝えようと思いから作った客家語のアルバムが好評を受け、客家語の創作に力を入れるようになりました。「最優秀客家語シンガー」に受賞したのは出身の歌手としては初めてです。

 

「最優秀客家語アルバム賞」に受賞したのは、黃連煜(アユゴ・ホァン)の『黃泥路』です。アルバムタイトルは、客家音楽を世に広める難しさを喩えたことから、泥道にしたそうです。 

 

「最優秀原住民族語シンガー」に選ばれたのは、パイワン族の桑梅絹です。桑梅絹は小さいころから、両親とパイワン族語でしゃべり、暇なときはパイワン族で伝えられていた歌を教えてもらいました。大人になった後、パイワン族の文化を伝承するため、彼女は無料で村の子供たちに歌を教えています。

 

「最優秀原住民族語アルバム賞」は、「創造音楽室内楽団」(CMO楽団)の『直美』が受賞しました。三人のアミ族の女性が家庭のため、様々な困難を乗り越え、家庭を支えていく強靭で剛直な生命力を描くことから、剛直の直とアミ族の「ミ」の漢字、つまり美人の美を取り、「直美」と名付けました。

 

「最優秀バンド賞」に輝いたのは董事長樂團(ザ・チェアマン)です。彼らの音楽には常に台湾の歌謡、伝統的な楽器と宗教の要素が取り入れられているため台湾の特色を垣間見ることができます。

 

 

※7月9日にご紹介した曲:

1.秋林「大嶺脚下」(大きな山の麓)

2.黃連煜「黃泥路」(泥道)

3.桑梅絹「渲染」(インフェクション)

4.CMO楽団「遠行」(遠くへ)

5.董事長樂團「戦鼓人生」

 

(more)

ミュージアム台湾(台湾博物館)台湾高齢者の日常生活

台湾気ままな気楽なおしゃべりと音楽の時間。いよいよ入梅りですね。かと思えば西日本と東日本は激しい大雨が降り続けました。被災地の皆様はその後、ご無事でございましょうか、台湾よりお見舞いを申し上げたいと思います。......

(more)

台湾博物館(2018/07/08)「台湾通信」統一地方選挙11月24日、同時に公民投票(住民投票)も実施

大学入試のセンター試験、今年の受験者は5万人、10年前の半分

原因は少子化と入学方法の多様化

 

統一地方選挙11月24日、同時に公民投票(住民投票)も実施

これまでに19案が署名集め段階に

大気汚染防止、日本からの食品輸入規制緩和の可否が与野党攻防の焦点に

公民投票実施には45万人の署名必要

 

選挙の投票を終えてから公民投票、選挙投票のみも可能

投票したいテーマだけを選ぶことも可能

 

統一地方選挙をめぐる各種の動きが活発化

元雲林県長(=県知事)の張栄味・被告に、収賄で懲役8年の有罪が確定

ゴミ焼却炉建設をめぐる汚職事件で

雲林県の選挙情勢に影響か、妹の張麗善氏は雲林県長選挙で国民党公認候補

張麗善氏に有利か不利か、難しい判断

 

張栄味氏(現在は国民党所属)は雲林県に強い影響力を持つ地方政治家

当時の県政への満足度高く、高速鉄道雲林駅・台湾プラスチック第6ナフサプラントの誘致に尽力

1999、2001年の雲林県長選挙で連続当選

雲林県議長選挙での買収で有罪判決、2期目途中で県長の資格をはく奪される

 

(more)

台湾経済最前線(2018/07/05)台湾から中国大陸への渡航、今年延べ400万人超えか

台湾から中国大陸への渡航、今年延べ400万人超えか

 

中国大陸から台湾への渡航、1~4月は対前同期年6%増加

 

台湾の観光による外貨収入、3年連続で減少

台湾を訪れる外国人が3年連続で延べ1000万人突破も、消費額は減少

 

台湾高速鉄道(台湾新幹線)、新車両購入に300億台湾元

合わせて12編成の調達を計画、国際入札を実施へ

 

台湾高速鉄道、ピーク時間帯の輸送力強化に7月から15本を増便

 

パートタイム労働、97%が自分から希望

正職には就きたくない

「正社員になりたい」は19.3%のみ

パートタイム労働の時間給は160台湾元、3年で12%増加

 

56%の企業が第3四半期(7~9月)に人材募集を予定

 

使用曲 簡廷芮「都是我的」(みんな私の物)

 

(more)

対外関係(2018/07/04)台中市、日本との関係推進に積極的

台中市、日本との関係推進に積極的

 

台中国際空港―東京成田国際空港、マンダリン・エアウェイズの直行便が就航

林佳龍・台中市長が初フライトの登場、日本で台中花博を宣伝

台中花博(Taichung World Flora Exposition)、2018年11月3日~2019年4月24日

ピコ太郎さんも台中花博の宣伝に一役、花博版の「PPAP」公表

 

鉄道高架橋下の開発、台中市長が東京の「2k540 AKI-OKA ARTISAN」を視察

 

台中市と山形県、友好交流覚書に調印

 

 

(more)

数字の台湾(2018/07/02)「2対8」台湾のチョコレート市場、国産2対輸入8

「2対8」

台湾のチョコレート市場、国産2対輸入8

60億台湾元の市場、8割が輸入品で占められる

 

季節性商品のチョコレートを1年中売れるように

台湾のトップブランド宏亞、コンビニ最大手の統一超商(7-11)と提携

 

1970年、チョコレートとカカオの輸入を自由化

1980年から輸入チョコレートが台湾市場に進出

2016年の台湾チョコレート市場、1位はイタリアFerreroのシェア34%

2位はアメリカMarsの20%、3位は台湾の宏亜

 

 

(more)

ミュージックステーション(2018/07/02)第29回金曲奨:台湾語部門受賞者


台湾のグラミー賞に相当する、音楽界の最大規模の賞・金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)の授賞式が6月23日に、台北アリーナにて行われました。今週は台湾最大の方言・台湾語部門の「最優秀男性シンガー賞」「最優秀女性シンガー賞」「最優秀アルバム賞」と、おまけとして「最優秀新人賞」をご紹介いたします。

 

「最優秀男性シンガー賞」には盲目の天才シンガー・蕭煌奇(リッキー・シャオ)が選ばれ、これで七回目の金曲奨受賞となります。

「最優秀女性シンガー賞」の受賞者・張艾莉(エリー・チャン)は今まで十年間念願の賞がようやく手に入れ、涙ながらに受賞しました。

「最優秀アルバム賞」「最優秀新人賞」ともに、デビューしてわずか一年の新人グループ・茄子蛋(エッグ・プラネット・エッグ)が選ばれ、自分たちの「可能性は無限大」であることを証明しました。

 

 

※7月2日にご紹介した曲:

1.蕭煌奇「人生我敬你一杯」(人生に乾杯)

2.張艾莉「艾莉」(エリー)

3.茄子蛋「波克比的愛」(トゲピーの愛)

4.茄子蛋「浪子回頭」(Back Here Again)

 

(more)

台湾博物館(2018/07/01)「台湾通信」蔡英文・総統:中国大陸の習近平氏との面会を希望

蔡英文・総統:中国大陸の習近平氏との面会を希望

フランスの通信社AFPのインタビューに答えて

中国大陸からの圧力に、「中国大陸の拡張派遣勢力の防止に努めるべき」

中国大陸の「一帶一路」政策について、「多くの国が焦燥と不安を感じ始めている」

 

蔡英文・総統、中国大陸に対して具体的な提案は行わず

 

経済が回復、蔡総統「目標は人々に生活が良くなったと感じてもらいこと」

雇用、輸出、株価、賃金などの数字は、いずれも2年前の総統就任時より好調

 

軍人の年金改革が可決成立、18%の優遇金利は段階的に取り消し

最大野党・国民党は表決に加わらず

軍人・公務員・教職員の年金改革、7月1日から同時実施

反対派、年金改革は憲法違反と主張

 

年金改革、統一地方選挙にどう影響?

年金改革が消費に打撃か?

衣食を節約、市民の70%以上

夏休みのホテル予約が減少

(more)

台湾経済最前線(2018/06/28)どうなるアメリカ・中国大陸の貿易戦争、台湾企業にどう影響か

どうなるアメリカ・中国大陸の貿易戦争、台湾企業にどう影響か

経済団体「三三会」新会長の許勝雄・仁宝電脳(COMPAL)会長、「機関銃掃射なら台湾に波及」

経済部が影響検討、4業種への影響が最大

機械、電機、自動車部品、光学測定機

中国大陸に工場を開設して対米輸出、または台湾から部品を中国大陸に輸出して対米輸出している企業に大きな影響

 

景気回復、行政院主計総処が今年の経済成長率予測を2.6%に上方修正

消費者物価指数は1.49%の予測、6年での最高水準

 

台湾高速鉄道、7月から週15本を増加

 

4月の失業率は3.64%、同月としては18年で2番めの低さ

雇用者数の増加が減速、行政院主計総処「人口構造の変化が原因」

今年1~4月は対前年同期比8.8万人

2015年以前は10万人以上増加、2016年から減少

 

使用曲 雀斑樂團「壞習慣」(悪い習慣)

(more)

対外関係(2018/06/27)中国大陸からの外交圧力に対抗、中国大陸の公務員の台湾訪問審査を厳しく

蔡英文・総統、中国大陸の横暴な行為に「これ以上、忍耐しない」

中国大陸からの外交圧力に対抗、中国大陸の公務員の台湾訪問審査を厳しく

中国大陸からの留学生は制限せず

 

台湾と中国大陸の交流行事、審査強化で中国大陸の参加者が台湾訪問できず

最大野党・国民党と中国大陸・共産党のフォーラム、今年は中止か

海峡百姓フォーラム、台湾部分が開催できず

台北市と上海市のフォーラム、準備会議まだ開催できず

 

中国大陸の党・軍・公務員、台湾訪問がこの1年は2割増加

2017年5月~18年5月は3万2000人以上

 

台湾の外交に相次ぐ打撃も、外交官はやはり夢の職業

今年の募集は37人の狭き門

 

(more)

ミュージックステーション(2018/06/25)第29回金曲奨:標準中国語部門受賞者

金曲奨は、台湾のグラミーに相当する、音楽界の最大規模の賞です。台湾のアカデミー賞、金馬奨、金鐘奨と並んで台湾の映画、音楽、ラジオ放送番組を奨励する三大の賞として知られています。今年で29回目を迎え、6月23日に授賞式が行われました。

今週は標準中国語部門の「最優秀男性シンガー賞」「最優秀女性シンガー賞」「年度アルバム賞」「最優秀標準中国語アルバム賞」と「年度楽曲賞」の受賞作をご紹介いたします。

 

「最優秀男性シンガー賞」と「年度アルバム賞」を受賞したのは香港の男性歌手、俳優の陳奕迅(イーソン・チャン)です。「最優秀男性シンガー賞」を受賞したのは香港出身の歌手としては張学友(ジャッキー・チュン)に次ぐ2人目で、金曲奨で二つの賞を受賞したのは香港出身の歌手としては初めてです。

 

「最優秀女性シンガー賞」を受賞したのはシンガーソングライター・徐佳瑩(ララ・スー)です。イーソン・チャンと同じように、彼女の新アルバム『心裡学』も「最優秀標準中国語アルバム賞」に選ばれました。2010年初のアルバムをリリースしてから、アルバムを発行するたび、金曲奨にノミネートされ、今まですでに4回も賞を取ったほど、実力派歌手です。

 

「年度楽曲賞」の受賞者は、「朝食ゴッドファザー」と呼ばれている男性歌手・俳優・シンガーソングライターの盧廣仲(クラウド・ルー)です。彼が出演したドラマ「花甲男孩転大人」(お花畑から来た少年)の主題歌、台湾語で魚を意味する「魚仔」という曲は、魚を通して、誰かのそばに戻りたい気持ちを伝えました。

 

 

※6月25日にご紹介した曲:

1.陳奕迅「誰來剪月光」(Relax)

2.陳奕迅「收心操」(Ready)

3.徐佳瑩「現在不跳舞要幹嘛」(Just Dance)

4.徐佳瑩「心裡學」(The Inner Me)

5.盧廣仲「魚仔」(魚)

 

(more)

数字の台湾(2018/06/25)「5.72件」台湾で1人が出した郵便、今年2月は5.72件に減少

「5.72件」

台湾で1人が出した郵便、今年2月は5.72件

1月の8.2件から、2月は春節(旧正月)でも大幅減少

昨年8月からの26年ぶりの郵便料金値上げが影響か

ピークは2000年の月間16.82件

 

「第17位」

国際経営開発研究所(IMD)の世界競争力ランキング、台湾は第17位に後退

評価対象63のうち17位は、昨年に比べて3ランク後退

中国大陸に追い越される

「企業の効率」「労働市場」での大幅後退が影響

 

(more)

台湾博物館(2018/06/24)「台湾通信」日本の航空大手2社が「中国台湾」と表記、外交部が抗議

日本の航空大手2社が「中国台湾」と表記、外交部が抗議

日本航空(JAL)と全日空(ANA)、中国大陸と香港向けのサイトで「台湾」から「中国台湾」

 

中国大陸の民航管理部門が世界の航空44社に要求、台湾・香港・マカオを中国大陸領土とする表記に

李大維・国家安全会議秘書長、中国大陸に屈服した航空会社の飛行機のボイコットを呼びかけ

 

台湾の旅行業界は「鎖国」を憂慮、台湾線取り消しの可能性も

旅行業界「根本は対中国大陸関係をどう維持するか」

与野党の立法委員、ボイコット呼びかけの妥当性に疑問

 

台湾・中国大陸が名称問題で対抗、ダミー方式の時代に逆戻りか

1970年代に考え出された方式、日本航空(JAL)が子会社の日本アジア航空(JAA)成立して台湾線運行

他の航空会社も同様の方式を採用

 

(more)

台湾経済最前線(2018/06/21)大学の卒業シーズン到来、新卒者の38%「海外で仕事をしたい」

大学の卒業シーズン到来、新卒者の38%「海外で仕事をしたい」

理由は高待遇・国際経験・海外人脈作り

「最も行きたい国・地域」

中国大陸以62.53%、アメリカ・カナダ(48.95%)、日本(44.03%)、シンガポール(34.19%)、ニュージーランド・オーストラリア(15.22%)。

 

今年は新卒者の92.42%が就職希望、希望待遇は3万1103台湾元

 

企業の32.4%、第1四半期(1~3月)に賃金を引き上げ

 

使用曲 蕭秉治「我好想好想你」(君がとっても好き)

 

 

(more)

対外関係(2018/06/20)アメリカ在台協会(AIT)の台北事務所新館が台北市内湖区に落成

アメリカ在台協会(AIT)の台北事務所新館が台北市内湖区に落成

蔡英文・総統:AITの新館は、台米関係が強固なことの象徵

         中国大陸から外交的な圧力の下で、台湾人民はアメリカからの支持を感じている

アメリカ政府高官としてはマリー・ロイス米国国務省教育文化担当次官補が出席

 

アメリカ在台協会(AIT)新館落成式、統一派と独立派が街頭行動

 

アメリカのマティス国防長官、「一方的に台湾の現状を変える行動に反対する」

総統府・外交部、マティス国防長官の発言に感謝

 

蔡英文・総統、「外交が中国大陸の圧力を受けても、我々は屈服しない」

 

国交国・エスワティニ国王のムスワティ3世が台湾訪問

ムスワティ3世の息子が台湾の大学を卒業、引き続き台湾で大学院に進学

台湾・エスワティニ、経済協力協定に調印

 

国交国・ハイチのモイーズ大統領が台湾訪問

台湾は経済協力を約束

 

台中市のライチ、日本へ輸出

皮が黒くならない、新鮮な赤さを保つ技術で

(more)

ミュージックステーション(2018/06/18)梁文音『副駕駛座的風景』

今週ご紹介するのは、台湾の女性シンガー・梁文音(レイチェル・リァン)のニューアルバム『副駕駛座的風景』(助手席から見た風景)です。

若く両親の愛をなくし、施設に送られたため、家族の絆と愛情に不信感を抱いたレイチェルが、心の傷を癒してくれる生涯のパートナーと出会た過程のように、「旅路のような人生では、誰と、どんな景色が見えるか」をテーマにしたこのアルバムでは、「愛」への道のりをドライブにたとえました。全部で10首のラブソングを通して、子供から大人になるまでの心境が描かれていて、レイチェル=リァンが今まで経験した苦労と心境変化も見られます。

 

 

※6月18日にご紹介した曲:

1.「如歌」(歌のような青春)

2.「轉折」(転機)

3.「副駕駛座的風景」(助手席から見た風景)

4.「和平分手」(平和的に別れる)

 

(more)

数字の台湾(2018/06/18)「1/4」高血圧が低年齢化、18歳以上は4人に1人

「1/4」

高血圧が低年齢化、18歳以上は4人に1人

40歳以上は37.5%

衛生福利部は今年、台湾全土4300カ所に血圧計設置

 

「90%」

学童の視力低下、中学校3年生で90%

 

「17%」

定年退職後は独居が理想、40歳代の17%

(more)

台湾博物館(2018/06/17)「台湾通信」新竹県知事選の候補選び、国民党で難航

2018年統一地方選挙、二大政党の候補者出そろう

 

新竹県県長(=県知事)候補選び、国民党で難航

国民党は楊文科・副県長の公認決定、立法委員の林為洲氏は反発

高人気の林為洲氏は世論調査実施を要求も、党は応じず

 

林為洲氏、自主出馬の可能性も、国民党が分裂選挙か

呉敦義・国民党主席、「彼の過去の記録を見よ」

馬英九・前総統は党の制度遵守を主張、呉主席と異なる認識

 

林為洲氏、県議会議員を長期務める

陳水扁総統の当選に貢献も、陳水扁政権を批判

民進党から国民党に移籍

 

公認決定の楊文科氏は客家人、林為洲氏は閩南人、

国民党は林為洲氏を公認した場合の分裂を避けたかったのか

 

新竹県の紹介

人口55万人余り(台湾の自治体で10位)

農業県からハイテク産業の重要拠点に

客家人が全人口の85%、台湾では最高

新竹県の地方政治は特殊な状況。親族関係が中心、党派・人物は二の次

 

台湾の客家人

新竹県、苗栗県、桃園市で高い人口比

 

 

 

 

(more)

台湾経済最前線(2018/06/14)台湾半導体産業のゴッドファザー、台湾積体電路(tsmc)の張忠謀・会長が引退

台湾半導体産業のゴッドファザー、台湾積体電路(tsmc)の張忠謀・会長が引退

 

張忠謀(Morris Chang)氏とはどんな人物か

張忠謀氏の最後の株主総会、ファンが詰めかける

張忠謀氏、「tsmcの奇跡は絶対に終わらない」

ポスト張忠謀のtsmc、劉徳音・会長と魏哲家・総裁の二頭体制に

張忠謀氏、「中国大陸の半導体産業は、tsmcに勝てない」

台湾への投資継続を言明

 

台湾企業の41.3%、後継者計画なし

創始者・大株主の子孫を後継者に、63.6%

 

台湾企業の経営者は平均62歳、世代間の断絶が深刻

 

使用曲 呂薔「迪化街」

 

(more)

対外関係(2018/06/13)台湾各地議会友日議員聯盟が成立、台湾の12地方議会が参加

台湾各地議会友日議員聯盟が成立、台湾の12地方議会が参加

地方議会間の交流促進、政府間交流の不足を補う

会長には高雄市議会の康裕成・議長

7月7日に第3回交流高峰会が高雄で、日本の30地方議会から350人が参加

 

台日の姉妹鉄道、平渓線と平成筑豊鉄道が締結

台日の姉妹駅、台湾鉄路管理局・彰化県田中火車站と信濃鉄道・田中駅か締結

 

温泉観光を推進、台湾・日本・韓国が提携

台湾・台中、日本・下呂、韓国・ユソンチャン

(more)

数字の台湾(2018/06/11)「99.5%」台湾の企業は99.5%以上が中小企業

「99.5%」

台湾の企業は99.5%以上が中小企業

台湾の企業のうち、大型企業5262社、中小企業129万1056社

雇用の64%は中小企業が提供

 

【中小企業の認定標準】

製造業、建設業、鉱業、土石採取業は従業員200人以下

その他の業種は100人以下

 

「0.3%」

台湾で60年以上の歴史を持つ老舗企業はわずか0.3%

台湾の企業129.6万社のうち、60年以上企業は3290社

卸売り・小売り1899社で最多。金融・保険33社、製造業275社

老舗は食品・生活用品が中心

変化が激しいハイテク産業は生き残りが難しい

 

(more)

台湾博物館(2018/06/10)「台湾通信」統一地方選挙11月24日投票、各勢力の首長候補者がほぼ出そろう

統一地方選挙 11月24日投票

各勢力の首長候補者がほぼ出そろう

残る新竹県は最大野党・国民党の候補者選びが難航

 

台南市長選挙、盤石の基盤を持つ与党・民進党勢力が分裂選挙に

元台湾団結聯盟立法委員の許忠信氏が出馬表明

一部民進党員など独立派が許忠信氏を支持

 

高雄市長選挙、民進党の陳其邁氏が国民党の韓国瑜氏をややリードか

 

台中市長選挙、国民党新人の盧秀燕氏が民進党現職の林佳龍氏をややリード

 

台北市長選挙、民進党は公認候補に姚文智氏を指名

民進党と決裂の無所属・柯文哲市長、小型政党や友好議員との提携で選挙に臨む

国民党・丁守中氏が柯文哲市長をややリード、民進党・姚文智氏は大きく出遅れか

 

台北市長候補に姚文智氏、公認争った呂秀蓮氏が民進党に「さよなら」

呂秀蓮氏、徳と魂を失った政党だと批判

呂秀蓮氏「会わない方が良い」、蔡英文・総統との会見を断る

呂秀蓮氏、無所属から出馬の可能性も

(more)

台湾経済最前線(2018/06/07)AI(人工知能)を台湾の未来の主要産業に、企業の取り組み進む

AI(人工知能)を台湾の未来の主要産業に

 

2018年は「AI実践年」、科技部が研究開発の基礎環境整備に全力

 

台湾積体電路(tsmc)、AIエンジニアを年間300人育成

ぜひ大学の理工科で必修科目に

 

鴻海精密工業(ホンハイ)、AIチーム構築に経費無制限、5年内に100億台湾元

社会科学の専攻生もAIに

台湾・アメリカ・日本で共同開発を

 

米マイクロソフト、台湾にAI研究開発センター開設

台湾の人材を活用

 

ICデザインの聯発科技(MediaTek)、中国大陸の阿里巴巴(アリババ)AIラボと戦略的提携

聯発科技(MediaTek)、AIで海外大手と提携

 

広達電脳(QUANTA)の林百里・会長、AIに大きなチャンス

 

AIバブルのリスク、台湾企業は軽視禁物

 

使用曲 梁文音,蕭煌奇「和平分手」(別れは静かに)

 

(more)

対外関係(2018/06/06)蔡総統がWHO(世界保健機関)への100万米ドル寄付を発表、エボラ出血熱対策の基金に

米コリー・ガードナー上院議員が台湾を訪問

外交委員会東アジア・太平洋・国際サイバーセキュリティ政策小委員会委員長

中国大陸の台湾に対するプレッシャーの中で、台湾を支持

ガードナー議員、台湾の国際組織参加を支持する法案を提出

蔡英文・総統がガードナー議員と会見、「台湾を支持する声は少なくない」

蔡総統、「中国は現在、台湾海峡の現状を変えようとしている」

 

蔡総統、100万米ドルをWHO(世界保健機関)に寄付

エボラ出血熱対策の基金に

WHO への100万米ドルは、断交としたブルキナファソとの協力促進に用意していた資金

蔡総統が野党を批判、「台湾内部が団結していないことは遺憾」

 

台湾とブルキナファソとの断交

米国務省「失望した」

日本政府「台湾問題は、当事者の直接対話を希望」

(more)

数字の台湾(2018/06/04)「48%」働く若者(39歳以下)の48%、借金を抱える

「48%」

働く若者(39歳以下)の48%、借金を抱える

貯金なしは30.3%、残りの69.7%は1カ月当たり9113元貯金

 

「31歳」

台湾女性の第一子出産は平均31歳

35歳以上での第一子は21%

 

(more)

台湾博物館(2018/06/03)「台湾通信」中国大陸・日本・台湾への提言ーー作家・劉燕子(2回目)

インタビュー

リョウ・イエンツ(劉燕子)(2回目)

 

「中国大陸・日本・台湾への提言」

 

中国大陸出身で日本在住27年のリョウ・イエンツさんは、最近、『劉暁波伝』を出版した。台湾には、講演などでしばしば訪れている。

自ら「天安門世代」と称するリョウ・イエンツさんに、友人であるノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏(故人)、そして中国大陸の現状について聞く。

中国大陸と日本、そして台湾についてどう考えているか、それぞれに対する厳しい提言を含めてお話しいただく。

 

※このインタビューは2回に分けて放送します。

(インタビュ:早田)

 

********************

リョウ・イエンツ(劉燕子)

作家、現代中国文学者。北京生まれ、湖南省長沙で育つ。現在、日本に在住。

大阪市立大学大学院修了、米国留学、関西大学大学院修了。

大学で教鞭をとると共に、日本語と中国語で著述・翻訳に従事する。

最新の編著書に『劉暁波伝』余傑著・劉燕子編、劉燕子・横澤泰夫訳(集広舎)がある

 

編著訳書:

日本語『中国低層訪談録-インタビューどん底の世界』(集広舎)、『殺劫-チベットの文化大革命』(集広舎・共訳)、『天安門事件から「〇八憲章」へ』(藤原書店・共著)、『反旗-中国共産党と闘う志士たち』(育鵬社・共著)、『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』(集広舎・共著)など

中国語『没有墓碑的草原』(八旗文化出版社、台北・共訳)など

 

使用曲 阿超「媽媽便當(お母さんのお弁当)」

(more)

台湾経済最前線(2018/05/31)台湾の靴メーカー大手3社、生産拠点を東南アジアなどに移転

台湾の靴メーカー大手3社、生産拠点を東南アジアなどに移転

台湾のスポーツシューズOEM生産は、世界的な規模

顧客からの要求で、賃金上昇の中国大陸から転出

 

台湾全土で宿泊施設が急増、昨年は1000軒以上増える

利用者は1200万人超えて1.4%増えるも、客室稼働率は65%に低下

一般ホテルの増加、最多は宜蘭県の43軒、2位は台北市の35軒

民宿の増加、最多は屏東県162軒、台東県145軒、花蓮県108軒、澎湖県101軒

 

ホテルの物件の売却が急増

現在、買い手待ちは104軒

 

台湾の新航空会社、星宇航空(STARLUX Airlines))が創立

台湾版のエミレーツ航空を目指す

2020年に就航へ、日本などアジア線を優先して開設

2021年に北米線に就航

 

使用曲 林俊傑(リン・ジュンジェ)「凍結」

 

(more)

対外関係(2018/05/30)台湾がブルキナファソと断交、蔡総統が中国大陸を批判

台湾、アフリカのブルキナファソと断交

1カ月内に2カ国と断交

2016年5月20日の蔡英文政権発足から4カ国と断交

サントメプリンシペ、パナマ、ドミニカ、ブルキナファソ

 

蔡英文・総統:中国大陸からの圧力を批判

蔡英文・総統:中国大陸は金銭外交を使っている

 

最大野党・国民党:誤った外交政策を謝罪せよ

陳菊・総統府秘書長:嘲笑に代えて団結を

台湾と中国大陸の外交戦、まず双方の関係の改善を

 

台湾のWHO(世界保健機関)年次総会への参加、国交国15カ国の提案が否決

日・米など各国が台湾の参加支持を表明

日本︰伝染病のリスクに対して、地理的に空白を生じさせてはならない

 

(more)

数字の台湾(2018/05/28)「82%」台湾の12歳以上のインターネット使用率、82%以上

 「82%」

台湾の12歳以上のインターネット使用率、82%以上

2017年に初めて80%突破、約1700万人

 

「68万人」

台湾の3月末の外国人労働者68万元、増加続き警戒ライン間近

産業労働者42万人余り、社会福祉労働者25万人余り

(more)

台湾博物館(2018/05/27)「台湾通信」中国大陸・日本・台湾への提言ーー作家・劉燕子(1回目)

インタビュー

リョウ・イエンツ(劉燕子)(1回目)

 

「中国大陸・日本・台湾への提言」

 

中国大陸出身で日本在住27年のリョウ・イエンツさんは、最近、『劉暁波伝』を出版した。台湾には、講演などでしばしば訪れている。

自ら「天安門世代」と称するリョウ・イエンツさんに、友人であるノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏(故人)、そして中国大陸の現状について聞く。

中国大陸と日本、そして台湾についてどう考えているか、それぞれに対する厳しい提言を含めてお話しいただく。

 

※このインタビューは2回に分けて放送します。

(インタビュ:早田)

 

********************

リョウ・イエンツ(劉燕子)

作家、現代中国文学者。北京生まれ、湖南省長沙で育つ。現在、日本に在住。

大阪市立大学大学院修了、米国留学、関西大学大学院修了。

大学で教鞭をとると共に、日本語と中国語で著述・翻訳に従事する。

最新の編著書に『劉暁波伝』余傑著・劉燕子編、劉燕子・横澤泰夫訳(集広舎)がある

 

編著訳書:

日本語『中国低層訪談録-インタビューどん底の世界』(集広舎)、『殺劫-チベットの文化大革命』(集広舎・共訳)、『天安門事件から「〇八憲章」へ』(藤原書店・共著)、『反旗-中国共産党と闘う志士たち』(育鵬社・共著)、『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』(集広舎・共著)など

中国語『没有墓碑的草原』(八旗文化出版社、台北・共訳)など

 

使用曲 曹方「雨虹(雨の虹)」

 

 

(more)

台湾経済最前線(2018/05/24)台湾で中国大陸の書籍を出版するなら審査必要、文化部の通達に出版業界から批判

台湾で中国大陸の書籍を出版するなら審査必要、文化部が通達

出版業界から強い批判

「大陸許可弁法」で審査を要求

 

過去の言論統制と対中国大陸関係が背景となった制度

 

言論統制時代根拠となった「出版法」は1999年に廃止

「両岸人民関係条例」基づいて「大陸許可弁法」が1993年に制定され、中国大陸の書籍の出版に審査義務付け

 

過去に「大陸許可弁法」に基づいて審査を通達するも、執行されず

文化部は、関連に従って出した通達で、審査実施の意図はないと説明

文化部の通達の真意は不明、対中国大陸情勢と関係か

 

出版業界はで「大陸許可弁法」の廃止を呼びかけ

法曹界は憲法違反の可能性を指摘

中華民国憲法第11条には、「人民には言論、講義、著作および出版の自由がある」と規定

 

使用曲 五月天「倔強」

(more)

対外関係(2018/05/23)日本と台湾の各種交流が盛ん、日本のゴールデンウイーク連休は日本人観光客で九份が大混雑

日本と台湾の各種交流が盛ん

 

日本のゴールデンウイーク連休、日本人観光客が大挙して九份(新北市)に

九份の人気ストリート「老街」、大混雑で身動きとれず

地元の瑞芳警分局は警察官を増派して交通整理、スリも警戒

 

台北市の猫空ロープウェイ、日本三重県の御在所ロープウェイと友好協定締結

相互に料金割引優遇で観光客誘致

 

新竹県竹北市、石川県内灘町が友好都市に調印

(more)

数字の台湾(2018/05/21)「84人」台湾を訪れる海外からの観光客、100人のうち84人が夜市を観光

「84人」

台湾を訪れる海外からの観光客、100人のうち84人が夜市を観光

夜市では1位・士林夜市の46人、2位・饒河街夜市と高雄六合夜市の13人

 

主要観光地では、台北10156人、故宮博物院42人、中正紀念堂38人、九份32人

 

「1.5日」

台湾で昨年、平均1.5日に1軒のホテルがオープン

7.48%増加して3979軒の過去最多に

観光客の増加率に比べて、高すぎるホテル増加率、業者は不安

 

(more)

台湾博物館(2018/05/20)「台湾通信」台北市長選挙で与党・民進党が独自候補擁立へ、無所属の柯文哲・市長と決裂

台北市長選挙で与党・民進党が独自候補擁立へ

前回選挙で協力した無所属の柯文哲・市長と決裂

 

最大野党・国民党の丁守中・台北市長候補、ライバルはあくまでも柯文哲・市長

 

民進党で名乗りを上げているのは姚文智・立法委員、呂秀蓮・元副総統

頼清徳・行政院長、陳菊・総統府秘書長の名前も挙がる

 

柯文哲・市長と決裂、民進党の市議会議員はほっと一息

独自候補擁立で民進党候補が相乗効果を期待

 

柯文哲・市長、無党派層の力で民進党・国民党に対抗

 

世論調査では今のところ国民党の丁守中・候補がリード

 

蔡英文・総統が5月20日で就任満2年

聯合報の世論調査で満足29%、不満56%

経済政策への不満、62%で最高

対中国大陸政策への不満は56%

 

頼清徳・行政院長、満足・不満いずれも約40%

 

(more)

宝島再発見(2018/05/18)話題の「髒髒包」と富貴角灯台について

最近、台湾で大人気の「髒髒包」。この「髒」という字を見ると、なんと縁起の悪い字だと思われる方もいらっしゃるでしょう。骨に葬儀の葬と書く「髒」は中国語では「汚い」という意味です。「包」はパンの中国語「麵包」から来ます。汚いパン、これはいったいどんなパンでしょうか。何を隠そう、ココアパウダーをふんだんにまぶしたクロワッサンのことです。クロワッサンにペースト状にしたチョコレートがたくさん入っているので、一口噛むと、口の周りがココアパウダーとチョコだらけになり、手と口の周りが汚れてしまいます。ですから「汚いパン」と名付けられたのです。このパンは韓国で「ダーティーチョコ」という商品名で流行りだしてから中国大陸でも爆発的な人気を呼び、そしてそのあと台湾でも話題になっています。今台湾ではパン屋だけでなく、コンビニエンスストアでも売っている人気商品になっています。仕事に追われる毎日にストレスを感じた時、たまには童心に返ってみてもいいかも、(笑)

(more)

台湾経済最前線(2018/05/17)4月の輸出は267.3億米ドルで昨年同月比10%増加、輸出の活況は5月も続く

 

4月の輸出、267.3億米ドルで昨年同月比10%増加

財政部:輸出の活況は5月も続く

4月の輸出は、従来型産業・電子部品が成長支える

 

4月の機械設備輸出、昨年同月比6.7%増加

部品の品不足が不安材料

 

4月の消費者物価指数(CPI)は1.9%上昇、警戒線の2%に近づく

 

3月の失業率は3.66%に低下、4月も引き続き低下

 

製造業で人材大募集、失業率を引き下げる

クラウドコンピューティング産業が成長、人材需要が旺盛

 

使用曲 蕭亞軒Elva Xiao「舞舞舞」(ダンス・ダンス・ダンス)

(more)

対外関係(2018/05/16)台湾がドミニカと断交も、経済面での影響は少ない

台湾がドミニカと断交も、経済面での影響は

太陽電池メーカー新日光能源科技(Neo Solar Power):現地での太陽光発電所運営に影響なし

2年前にドミニカ中部に34MWの太陽光発電所、1億1000米ドル投資

 

ドミニカに投資した台湾企業は57社、累計投資額1億7000万米ドル

太陽光発電のほか、靴、プラスチック製品、建材、自動車部品、コンピュータ周辺機器など

 

対外貿易発展協会(TAITRA)の中南米訪問団、予定通り8月に出発

ドミニカ、アルゼンチン、チリ、メキシコとのビジネスチャンスを探る、36社が参加予定

 

オランダを訪れた外国人観光客、台湾が78%増加で、伸び率最高

航空会社の便数増加の効果で

 

日本の国会議員が相次いで台湾訪問、蔡英文・総統とも会見

公明党の富田茂之・衆議院議員、立憲民主党の蓮舫・参議院議員、手塚仁雄・衆議院議員、無所属の菊田真紀・衆議院議員など

(more)

数字の台湾(2018/05/14)「500万台湾元」化粧品が医療効果を宣伝すれば500万台湾元の罰金、罰則強化で法令改正

「500万台湾元」

化粧品が医療効果を宣伝すれば500万台湾元の罰金、罰則強化で法令改正

「化粧品衛生安全管理法」が、罰金を従来の最高5万台湾元から100倍に引き上げ

 

「35万人」

台湾の公務員35万人、男性が女性より多い、平均年齢43.17歳

年々増加する公務員数、平均年齢は低下

男性占57.9%,女性42.1%

 

 

(more)

台湾博物館(2018/05/13)「台湾通信」台湾の二大政党、いずれも60%以上の人が不満

与党・民進党、最大野党・国民党。二大政党のいずれも60%以上の人が不満

「支持政党なし」が56.6%

第三勢力の出現を望む人は60.7%以上

 

二大政党の支持層、かつての各30%程度から減少

支持政党、国民党15.5%、民進党12.7%

 

二大政党間の対立が深刻だと考える人は82.3%

二大政党の対立が台湾を分裂させると考える人は77.2%

 

台北市長選挙、与党・民進党と現職・柯文哲市長との関係の行方は

前回選挙では、無所属の柯文哲氏と民進党は選挙協力

柯文哲市長の中国大陸での「両岸は一家だ」発言、民進党が不快?

柯文哲市長:気を悪くした人がいたら申し訳なかった

柯文哲市長:「両岸は一家だ」の基調は依然変わりなし

 

民進党の最強の台北市長候補は頼清徳・行政院長か、陳菊・総統府秘書長の名前も

 

頼清徳・行政院長:現在、台北市長選挙への出馬予定はない

陳菊・総統府秘書長:台北市長選挙には出ない、頼清徳氏の可能性も低い

(more)

お便りありがとう(2018/05/11)北海道苫小牧市お住いの加藤均様ご夫婦のインタビュー

北海道苫小牧市にお住いのリスナーの方、加藤均様ご夫婦が4月20日にご来訪した。加藤様は以前自由中国の声の時代に台湾国際放送をお聞きになったことがあるが、その後、BCLを一時中断した。台湾旅行の資料を集めるために再度台湾の日本語放送を聴いたが、それがきっかけとなって毎日台湾国際放送を聴くようになっている。今回は八度目の訪台。ご夫婦二人とも野鳥愛好家。加藤均様ご夫婦が紹介する台湾の魅力をどうぞ!

(more)

台湾経済最前線(2018/05/10)洋上風力発電の選抜結果、7社が11カ所の発電所を開発へ

洋上風力発電の選抜結果が発表、7社が11カ所の発電所を開発へ

洋上風力発電、2021年までに738MW、2021~2025年に3098MW

総発電能力3836MWを目指す

 

太陽光発電の土地調査、2万5000ヘクタールが利用可能

太陽光発電17GWが可能

屋上型の太陽光発電設置、3GWを目指す

 

再生可能エネルギー2025年には総発電量の20%に

 

元晶太陽能科技(TSEC)の屏東工場が完成、台湾最大の太陽光発電モジュール工場に

第一期は年産1GW、第二期は2~3 GWに拡大

 

企業家の高齢化、後継者問題の解決が急務

台湾企業の経営者、平均年齢62歳

中国大陸の47歳に比べて大きな差

中小企業が多いのも、後継者決定を困難に

 

高齢化、7人に1人は高齢者

2018年3月末、65歳以上の高齢者は人口の14.05%

 

女性の生育率、1.17人

目標は2030年までに1.4人に引き上げ、人口2000万人維持

人口問題への対応、出産奨励、移民、私立幼稚園の公費化

 

使用曲 萬芳「時間仍然繼續在走」(時間は今も進んでいる)

(more)

対外関係(2018/05/09)台湾がドミニカと国交断絶

台湾がドミニカと国交断絶

77年間の外交関係に終止符

台湾の国交国は19に減少

 

蔡英文総統:「中国」は実質的に両岸の現状を破壊している

蔡英文総統:プレッシャーがいかに大きくても、我々は屈服しない

 

ドミニカ:台湾に感謝も、社会・経済の現実で路線変更避けられず

今日、中国大陸はドミニカの輸入相手第2位に

 

最大野党国民党の呉敦義・主席:両岸関係が不安定なら断交避けられない

 

(more)

数字の台湾(2018/05/07)「11万7970人」台湾に学ぶ留学生、2017学年度は11万7970人

「11万7970人」

台湾に学ぶ留学生、2017学年度は11万7970人

全学年度比0.9%増加

新南向政策対象国からの留学生が増加、中国大陸からの留学減少を補う

 

「61%」

衛生福利部の調査、3歳児の61%に虫歯

6歳は79%、年齢上昇に伴って比率上昇

(more)

台湾博物館(2018/05/06)「台湾通信」朝鮮半島の南北会談実現、台湾・中国大陸のトップ会談はあるのか

 朝鮮半島の南北会談実現、台湾・中国大陸のトップ会談はあるのか

蔡英文総統:政治的前提を設けず、対等であれば、習近平氏と会う用意がある

蔡英文総統:南北会談は地域の安定発展の一歩

 

年金改革への抗議続く、多数が逮捕

退役軍人が抗議、立法院への突入試み警官隊と衝突

蔡英文総統、年金改革への抗議デモを批判

民進党の過去の街頭運動は?

公務執行妨害の刑罰強化を検討

 

ヒマワリ学生運動の被告22人、二審でも無罪判決

ヒマワリ学生運動の無罪判決、警察のデモ対応難しく

 

大学の自治が論議

台湾大学の学長当選者、教育部が人事差し戻し

学長当選者の管中閔氏が教育部を批判

台湾大学の代理学長、教育部を批判する声明

大学協会:政府の学長選挙結果への干渉は不適切

教育部:公平性と正当性に問題

(more)