インターネット放送を聴く
 
 
QR Code
数字の台湾(2017/08/07)「23人」少子化、小学校は1クラス平均23人 数字の台湾
2017-08-15
  • 桃園市の今年の新1年生たち

    桃園市の今年の新1年生たち

    夏休みが終わると新学年。各学校で新入生の登録が進められている。桃園市教育局によると、昨年の小学校1年生は、台湾では伝統的に好まれない「寅年」の関係で大幅に減ったが、今年は正常に戻った。ただし、長期的に見るとやはり少子化は続いている。(写真:桃園市教育局/CNA)

「23人」

少子化、小学校は1クラス平均23人

 

「76万人」

台湾の未婚男女、10年で76万人増加

旧暦大晦日特別番組(2018/02/15)今年の干支「戊戌」にまつわる話

 

干支(えと)とは何か

今年の干支は「戊戌」(ぼじゅつ、つちのえいぬ)

120年前の「戊戌」の年、清朝時代に発生した歴史的事件

1898年(光緒24年)

戊戌の変法(百日維新)-- 明治維新をモデルに進めようとした近代化政策

戊戌の政変       -- 変法派を排除したクーデター

 

梁啓超 戊戌の変法の中心人物の一人。政変後に日本に亡命

林献堂の招きに応じて、梁啓超が台湾を訪問

林献堂 日本植民地時代の台湾の民族運動家、日本の貴族院議員

梁啓超は林献堂に、植民地当局を利用する温和な民族運動を提案

 

台湾のペット犬の数は?177万7252匹

「2017年度全国家犬猫数量調査結果統計表」

106年家犬總估計數 

 

《犬年の吉祥語》「狗來富」(犬は富貴をもたらす)

 

 

 

 

(more)

よもやま台湾(2018/02/13)台湾桃園国際空港、昨年の利用者4488万人で過去最多更新

台湾桃園国際空港、昨年の利用者4488万人で過去最多更新

10年で2000万人以上増加、交雑解消には第3ターミナル完成が必要

 

2017年の人口増加率0.133%、過去最低

2017年末の台湾の人口は2357万1000人、前年末比3万1000人増加

 

台北市・新北市、3年連続で人口大量流失

桃園市の人口増加、台湾全体で最多

 

(more)

数字の台湾(2018/02/12)「1.34カ月」1.34カ月」 春節前のボーナスは81.4%の企業が発給、平均1.34カ月分

「1.34カ月」

春節(旧正月)前のボーナスは81.4%の企業が発給、平均1.34カ月分

金額決定基準は「個人の業績」(61%)、「個人の勤続年数」(22.1%)、「所属する部門の業績」(21.8%)。「全員同じ基準」はわずか14%

(more)

宝島再発見(2017/02/10)2/13に始まるラジオ成田の新番組-台湾華語のススメなど

日本で台湾の情報をキャッチできるルートがもう一つ増える。日本のコミュニティ放送、ラジオ成田は2月13日に、学生時代から台日交流に尽力している千葉県白井市の和田健一郎市議会議員がパーソナリティを務める新番組「台湾華語のススメ」をスタートさせる。和田議員は台湾と縁が深い。台湾南部・高雄市の国立中正大学で学び、2003年から台日交流の促進に力を入れ始めた。議員になってからも公務のかたわら、「言葉の壁を越えた日台交流」と言うキャッチフレーズで台湾と日本の若者たちの交流促進に努めている。(写真:RTI Japanese)

(more)

台湾博物館(2018/02/11)「台湾通信」花蓮で2月6日午後11時50分、M6.0の地震発生

 

花蓮で6日午後11時50分、M6.0の地震発生

花蓮地震、蔡英文総統「いかなる人命救助の機会も放棄しない」

地震復旧チーム設置、頼清徳・行政院長が花蓮県に3億元を拠出

 

花蓮地震、安倍首相が蔡総統に慰問の書簡

日本が捜索隊を台湾に派遣

台日友好、日本の市民が花蓮地震に慰問メッセージ、募金も開始

各国・地域が「台湾加油」

 

花蓮地震、アメリカ国務省が哀悼

 

中国大陸国務院台湾事務弁公室の張志軍・主任、救援隊派遣を申し出る

中国大陸からの救援隊、行政院大陸委員会「今のところ必要ない」

 

春節臨時便176便、交通部民用航空局が許可先送り

中国大陸の東方航空と廈門航空が申請

原因のM503航路事件とは何か

 

176便ストップ、6万人に影響

M503反対で春節臨時便がストップ、蔡英文総統が中国大陸に交渉呼び掛け

春節臨時便問題、中国大陸進出の台湾企業関係者に不安

行政院大陸委員会「台湾企業関係者を人質にするな」

中国大陸の対台湾事務関係者「『92年コンセンサス』なければ交渉不可能」

 

中国大陸国務院台湾事務弁公室、台湾への春節帰省に別のルート

中国大陸に進出の台湾系企業、台湾当局を批判

 

東方航空と廈門航空が176臨時便の申請を取り下げ

 

台湾への帰省ルート、平潭-台湾間のフェリー増便

金門-福建の海のルートを強化

香港・韓国・日本経由での帰省を提案

 

 

(more)

ミュージアム台湾後半(2018/02/11)玉山クイズ

毎月第2日曜日に台湾に関するクイズをお出しする玉山クイズ。1月の正解は戴資穎・選手でした。台湾から世界を席巻するバドミントンの女王はどんな人でしょう?なお、玉山クイズは2月よりお休みです。これまでの皆様のご支持に心から感謝申し上げます。(玉山クイズは台湾通信の後、30分からです)

(more)

台湾経済最前線(2018/02/08)LCCのタイガーエア台湾、相次いで日本線を新設

LCCのタイガーエア台湾、昨年は約5億台湾元の利益

あと2年で赤字解消の望み

タイガーエア台湾、日本・小松線を開設

3月に日本線を2本開設

 

台湾のセブンイレブン、無人店をテスト開設

顔認識+商品識別システムを採用

 

台湾からの日本訪問、昨年は9.5%増加の延べ456万人

中国大陸735万人、韓国714万人に次いで3位

 

台湾を訪れる中国大陸からの訪問者、昨年第4四半期(10~12月)は増加に転じる

中国大陸客は減少、新南向国と韓国が増加

 

 

台湾でのクレジットカード利用額、昨年2.6兆台湾元

 

使用曲 郭靜「幸福不設限」(幸せは無限に)

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/02/07)台湾で留学する、中国大陸学生の声

教育部の2016年の統計によりますと、台湾の大学、専科学校で学んでいる海外出身の留学生の数は11万6416人です。このうち、台湾の大学・専科学校で学位を取るために留学している学生は5万人あまり、交換留学や短期研修、標準中国語を学ぶ語学留学などの形で留学している学生は約6万5千人となっています。
 
国・地域別の人数では、正式留学にあたる「学位生」と、「非学位生」の合計では中国大陸が4万1981人とトップ、全体の36%を占めています。これは日本人留学生の6倍弱です。
 
台湾海峡両岸関係が政治的に停滞する中、中国大陸からの留学生が多いことに驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。ただ、中国大陸の留学生の受け入れについては、台湾でも様々な議論があり、台湾の学生の権益を守るための規制もあります。
 
 
では彼ら、彼女たちは台湾でどのような学生生活を送り、どのようなことを感じているのでしょうか。本日の「ようこそT-ROOMへ」では、日本ではなかなか報じられることのない、台湾に留学にやってきた中国大陸の留学生の声をご紹介しましょう。
(more)

よもやま台湾(2018/02/06)警察官は辛い、採用定員の不足が拡大

台北市では抗議デモが1カ月平均220回

デモ隊に選手の入場妨害を許した失敗、警察は強い姿勢での対応に転換

警察が抗議の矢面に

 

警察官・消防士の採用定員の不足が拡大

危険な仕事、年金改革で退職条件が低下

 

(more)

数字の台湾(2018/02/05)「350億台湾元」台湾のペット市場、年間350億台湾元の規模

「350億台湾元」

台湾のペット市場、年間350億台湾元の規模

1人の飼い主の出費は月額約2000台湾元

商品・サービスは多彩で、高級化路線

「毛孩」、少子化でペットは子供のようなもの

 

「90%」

台湾での歯周病罹患率90%

12~64歳の50%に虫歯

 

(more)

台湾博物館(2018/02/04)「台湾通信」故郷・山口と台湾を結ぶものーー在台日本人作家 栖来ひかり(2回目)

インタビュー

在台日本人作家 栖来ひかり(2回目)

 

台湾は2010年ごろから、日本植民地時代の建物を保存し、あるいはリフォームして再利用することがブームとなっている。

栖来さんの著書には、そうした建物とそれにまつわる歴史がたくさん登場する。しかし、そうしたテーマを取り上げる際に注意していることは、決して日本植民地統治を礼賛しないこと。

台湾には異なる歴史認識がある。

台湾では「移行期の正義」が促進され、国民党による戒厳令時代に対する清算が進められている。

それが終われば、次に「移行期の正義」の対象となるのは日本植民地時代のはずだ。

現在、台湾の人たちは古いものを残すことだけに専念している。

それが終わって、台湾の人たちがそうした日本植民地時代の意味を考え始めた時、何がやって来るのか、日本人は心の準備をしておくべきだ。

  

【栖来ひかりさんのプロフィール】 

京都市立芸術大学美術学部卒業

音楽・映像制作に携わる。

2006年から台北在住

著書「台湾Y字路さがし」(在台灣尋找Y字路)2017年

  「山口―西京都的古城之美」2018年

ブログ「台北歳時記」https://taipeimonogatari.blogspot.tw/

 

(more)

文化の台湾(2018/02/02) 「尾牙」!忘年会は危険?

台湾では忘年会、「尾牙」の季節!けっこう社員が参加して、上司の長々としたあいさつに付き合っている。それはなぜ?また、どんな忘年会が社員の願いなのか。何がいやなのか。世界で一番働き者なんて言って、休みばかり要求している印象がある台湾のサラリーマン、その実態は?

(more)

台湾経済最前線(2018/02/01)林全・前行政院がバイオ業界に転向、台湾東洋製薬の会長に就任

林全・前行政院がバイオテクノロジー業界に転向、台湾東洋製薬の会長に就任

行政院、天下り規制には当たらないとの判断

林全・会長、国際業務の発展と人材育成を担当

バイオ・医薬業界は歓迎、関連銘柄の株価が上昇

 

台湾東洋製薬、日本との関係

 

台湾での人民現預金が3220億人民元を突破、この2年余りで最多

台湾の外貨準備高、4515億米ドルの過去最高に

 

日本円安、台湾からの日本旅行がツアーで20%値下がり

 

使用曲 G5sh樂團「情人鞋」(ラバーズ・シューズ)

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/31)「台湾のキャノン砲」台湾女子テニスの新星、梁恩碩・選手

1月10日から28日まで、オーストラリアのメルボルンでは、今年最初のテニスの世界四大大会、全豪オープンが行われました。錦織圭選手が怪我で欠場したこともあり、日本での盛り上がりは今一つだったかもしれませんが、台湾では、ベテランと若手の活躍にテニスファンは熱狂しました。
 
 
まずベテランでは、台湾女子テニス界のエース、32歳の謝淑薇・選手が、シングルスでシード選手を2人破り、自己最高タイとなる16強に進出、準々決勝でも元世界1位のアンゲリク・ケルバー選手にフルセット負けと好勝負をみせました。そして、ダブルスでもかつて四大大会を2度制した時のペア、中国大陸のポン・シュアイ選手と組みベスト4進出の活躍、大会の台風の目となり、その変幻自在のプレーも注目されました。
 
 
そして、ジュニアの部では、男女いずれも、期待の若手選手が大健闘。男子では16歳の曾俊欣・選手がシングルスで準優勝、女子では17歳の梁恩碩・選手がシングルスで優勝、そして中国大陸の王欣瑜・選手と組んだダブルスでも優勝と、二冠に輝いたのです。台湾の選手が四大大会のジュニアの部で同一大会で、単複共に優勝したのは初めて、つまり二冠は台湾選手初の快挙なんです。
 
 
本日の「ようこそT-ROOMへ」では、全豪オープンの女子ジュニアの部で二冠に輝いた梁恩碩・選手のこれまでの歩み、今大会でのエピソードなどをご紹介いたしましょう。
(more)

よもやま台湾(2018/01/30)台湾はカラスミ大好き、年間消費50億元

台湾はカラスミ大好き、年間消費50億元

「カラスミの故郷」、高雄市興達港が取引市場に転換

漁獲量の減少で漁船も減少

 

レジ袋の使用制限、14業種に拡大

新たに10万店で無償提供が禁止

文具店、飲料スタンド、ドラックストアが加わる

(more)

数字の台湾(2018/01/29)「100万台」台湾のオートバイ市場、2017年は20年ぶりに100万台復帰

「100万台」

台湾のオートバイ市場、2017年は20年ぶりに100万台復帰

環境対策のための旧式オートバイの使用禁止で買い替えラッシュ

今年2018問は85万~90万台規模の見込み

(more)

台湾博物館(2018/01/28)「台湾通信」故郷・山口と台湾を結ぶものーー在台日本人作家 栖来ひかり(1回目)

インタビュー

在台日本人作家 栖来ひかり(1回目)

 

栖来さんは山口県出身。台湾で山口県の知名度はかなり低い。

しかし、台湾で街歩きをしていると、山口県とのかかわりが非常に多いことに気が付く。

台湾と山口県との関係といえば、例えば、日本植民地時代に台湾総督となった19人のうち、5人が山口県出身だ。

民間人で台湾で活躍した山口県人も少なくない。

これは、山口県、つまり長州が明治維新で中心的な役割を果たしたことと関係がある。

そして、下関は、台湾が日本に割譲されることになった日清講和条約(下関条約)が調印された地である。

こうした歴史だけでなく、現代でのつながりも深い。台湾新幹線の日立製の車両は実は山口県で生産されたものだ。

こうした山口県を台湾の人たちに知ってもらいたいと、栖来さんが書いた台湾と山口県の関係をテーマとした新著が出版された。

 

【栖来ひかりさんのプロフィール】 

京都市立芸術大学美術学部卒業

音楽・映像制作に携わる。

2006年から台北在住

著書「台湾Y字路さがし」(在台灣尋找Y字路)2017年

  「山口―西京都的古城之美」2018年

ブログ「台北歳時記」https://taipeimonogatari.blogspot.tw/

 

(more)

文化の台湾(2018/01/26)台湾は選挙の季節!政党Check

台湾では今年11月下旬に統一地方選挙が行われる。台湾中が大騒ぎになるため、台湾の人たちが大好きで大嫌いな季節となる。ところで台湾は自由な場所。政党もなかなか個性的だ。どんな変わった政党があるのだろう。中には日本のタイガースファンも?そんなわけはないか!

(more)

台湾経済最前線(2018/01/25)台湾の50歳以上の男性、日本旅行で買い物旺盛

台湾の50歳以上の男性、日本旅行での買い物は平均6万7000元

同年齢層では女性を上回る

台湾からの日本旅行が年間500万人超える、平均消費額5万8000元

 

化粧品に「100%天然」「純天然」の標示は禁止

「天然」成分表示は検査証明が必要に

 

台湾の2017年の輸出、3000億米ドルを回復

増加率は13.2%、この7年で最大

 

使用曲 田亞霍「我們的情人節」(ボクたちのバレンタイン)

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/24)開業4ヶ月、高雄ライトレールへの期待と課題

台湾には様々な公共交通機関があります。バス(乗合バスや高速バス)や鉄道(台湾鉄道、台湾高速鉄道、台北や高雄のMRT)、また、観光向けですが、台北市の動物園と、お茶処として知られる猫空を結ぶロープウェーもあります。
 
 
このほか、2015年に南部・高雄市で一部区間で試運転を開始し、昨年の9月26日、全長22.1キロのうち、第1区間にあたる籬仔内駅から哈瑪星駅区間8.7キロが開業を果たしたのが、高雄MRTの環状ライトレールです。ライトレールは「輸送力が軽量級な都市旅客鉄道」を指します。
 
 
中華民国政府は現在、「将来を見据えたインフラ建設計画」を推進していますが、5つの大計画のうちの一つ、「軌道建設」のリストの中には、北部・新北市で既に建設を開始しているライトレール2路線のほか、基隆市と新竹市で新たな路線の建設が予定されています。
 
 
高雄MRTの環状ライトレール「高雄ライトレール」は、開業から昨年末まで3ヶ月で延べ350万人以上が利用しました。
 
 
本日の「ようこそT-ROOMへ」では、この「高雄ライトレール」に関する期待、そして課題にクローズアップして、最新の話題をご紹介しましょう。
(more)

ウーロンブレイク(2017/01/24)カバー曲シリーズ(2)-下一頁的我

堅いニュースの後、歌でおくつろぎいただくコーナーです。1月17日からは台湾で日本語を学んでいる学生さんの作品をお届けしています。今週は東呉大学日本語学科四年生の沈艾彤さん。沈さんが紹介するのは「下一頁的我」。「次の頁の私」です。失恋した女性が、彼と一緒に過ごした日々の思い出を捨て、よりよい生活を迎えるために心をもっと成長させようと自分で自分を励ます歌。自分の人生を本に例え、次のページを開くように、落ち込んでも前に進むという強い思いが表現されています。日本のどの歌のカバーなんでしょうね?台湾の学生さんたちへ、力強いエールをお願いします!

(more)

よもやま台湾(2018/01/23)台湾でもコメ離れ進む、2017年は1人44.48kgの過去最低

台湾でもコメ離れ進む、2017年は1人44.48kgの過去最低

生産量は前年より4000トン増加

 

でんぷん類の摂取控えめ、食事の西洋化などが原因

備蓄米が過剰に

 

低GI米の開発で、ダイエット・糖尿病でも安心して食べられるように

 

年末の統一選挙に向けて各政党が候補者選び

候補者の看板に日本語、日本留学・日本語教師の経験者

 

(more)

数字の台湾(2018/01/22)「44万4669台」2017年の台湾の自動車市場、2006年以来の最高

「44万4669台」

2017年の台湾の自動車市場、新車登録44万4669台

前年に比べて1.1%増加

2006年以来の最高

 

和泰汽車(トヨタの台湾総代理)が16年連続でシェアトップ

TOYOTAとLEXUSで12万8000台、シェア28.8%

 

2017年 台湾の自動車販売 ブランド別トップ10

(more)

台湾博物館(2018/01/21)「台湾通信」陳水扁・元総統が李登輝・元総統を訪問

陳水扁・元総統が李登輝・元総統を訪問

李登輝・元総統が住む翠山荘で誕生日祝い

50分の面会後、手をつないで出てくる

病気保釈中の陳水扁・元総統、刑務所は説明求める

 

蒋経国・元総統の逝去30周年、国民党が記念大会

蒋一族からは出席せず

蒋経国・元総統への評価

10大建設を推進、台湾経済の奇跡を導く

戒厳令解除、政党結社の解禁

中国大陸への親族訪問を解禁

 

蒋一族4代目の蒋萬安・立法委員、台北市長選挙への不出馬を宣言

国民党の若手ホープ

(more)

宝島再発見(2017/01/20)台湾で一足早い春と花見を楽しもう!

日本では雪が降っており、まだまだ寒い日が続きそうですが、南国の台湾ではもう桜の花が咲いています。台湾北部・台北市近郊の陽明山の平菁

(more)

台湾経済最前線(2018/01/18) 「指示薬」31種、健康保険給付が取り消し

 「指示薬」31種、健康保険給付が取り消し

薬価は値上がりへ

台湾の薬品分類は日本と違う

 安全性によって三類に分類

1. 「処方薬」

医師の処方箋が必要

2. 「指示薬」
安全性が処方薬より高い

処方箋は不要

医師・薬剤師・薬剤助手の指示の下で使用

3. 「成薬」
安全性が高い

医師・薬剤師の指示も不要

 

小規模店舗でのモバイル決済使用を奨励、営業税(消費税に相当)1%の優遇

台湾のモバイル決済の現状

 

使用曲 田馥甑「小幸運」(小さな幸せ)

 

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/17)台湾で議論高まる「過労死」問題

台湾では、労働基準法が一昨年の末に改正されました。しかし、7日間連続勤務を禁止した条文について、企業側のみならず一部の労働者からも不満が高まっていたことから、14日間を1つのサイクルとする内容に改め、7日間の連続勤務禁止の規定を緩和することを決定、つまり労働基準法の再改正が決まり、10日、立法院で可決されました。
 
しかし、最大野党の国民党のみならず、与党・民進党に近い立場の政策も多い野党第二党の時代力量などの政党、そして労働者団体らは「労働者の権益を踏みにじるものだ」などと強く反発、改正案の再改正、国民投票実施を呼びかける動きも示唆しています。
 
およそ2ヶ月あまりに及ぶ労働基準法再改正の過程では、労使の考えの隔たり、台湾の労働者の厳しい労働環境、そして「過労」や「過労死」の問題が、改めてクローズアップされました。
 
本日の「ようこそT-ROOMへ」は、なかなか重いテーマですが、今、台湾におけるホットな話題、「過労」、「過労死」に関する話題をご紹介したいと思います。
(more)

ウーロンブレイク(2017/01/17)日本語の歌のカバー曲(1)-小手拉大手

堅いニュースの後、歌でおくつろぎいただくコーナーです。1月17日からは台湾で日本語を学んでいる学生さんの作品をお届けしています。トップバッターは東呉大学日本語学科四年生の姜湘楹さん。姜さんが紹介するのは「小手拉大手」。小さな手と大きな手が手をつなぐと言う意味。実はこれは日本の歌のカバー曲。どんな歌か確かめてみてくださいね。台湾の学生さんたちへ、力強いエールをお願いします!

(more)

よもやま台湾(2018/01/16)台北市の公共自転車YouBike、400カ所のスタンド設置完成

台北市の公共自転車YouBike、400カ所のスタンド設置完成

2009年に設置開始。今後2年間は新設なし

利用回数は1日平均延べ6万回

満足度は90%

 

台北市の2018年の「公告地価」、6.12%下落

「公告現値」は1.76%下落

 

台湾の「地王」、公告土地現値は台北101が5年連続トップ

 

(more)

台湾ソフトパワー(2018/01/16) 繰り返し使用のストロー広める美女

環境保護への取り組みで台湾は「本気(マジ)」。買い物してもポリ袋はくれないし、馬英九・前総統をはじめ、自分専用の箸を持っているのも当たり前だ。でも、ストローは?あまり聞いたことのない、繰り返し使用できるストローの使用を呼びかけるのは台北芸術大学の3年生、「広末涼子」似の金金さん。その取り組みとは?

(more)

数字の台湾(2018/01/15)「6割」年末年始にアルバイト、サラリーパーソンの6割

「6割」

年末年始にアルバイト、サラリーパーソンの6割

目的は、「收入を増やす」39.7%、「正職の給料が足りない」23.7%、「貯金を増やす」15.2%

サラリーパーソンのアルバイト、月に平均24.6小時、收入は平均1万1905元

 

(more)

台湾博物館(2018/01/14)「台湾通信」蔡英文・総統の政治に対する世論動向

蔡英文・総統の政治に満足25%、不満59.9%――中国時報の世論調査

2016年の就任時の満足52.5%、不満5.9%から大きく変化

高学歴者の不満、若者の失望

 

蔡英文・総統に満足30.7%、不満51.1%――新台湾国際智庫の世論調査

蔡英文・総統の再選を支持する32.4%、支持しない43.9%

 

蔡英文・総統の政治に賛同する35.9%、賛同しない46.6%――台湾民意基金会の世論調査

支持政党 民進党23.4%、国民党21.4%、時代力量8.4%、親民党1.9%

 

労働基準法の再改正が可決成立、7日以上の連続勤務が可能に

蔡英文・総統が謝罪、2回の労働基準法の改正が社会不安招く

(more)

文化の台湾(2018/01/12) 水不足はカエルで測る?

台湾ではこの冬、水不足が心配されている。水不足といえば、いつも話題になるのが日月潭にいるカエル。生きているカエルではなく、水力発電のためのダム湖でもある日月潭の水位を示す機能も兼ねたカエルの銅像だ。9匹のカエルが重なった姿は訪れる人たちにとって「インスタ映え」する観光地に。

(more)

台湾経済最前線(2018/01/11)海外のオンライン通販での購入、越境ECの免税額が引き下げ

海外のオンライン通販での購入、越境ECの免税額が引き下げ

貨物税免税額、従来の3000台湾元から、2000台湾元に

今年1月1日から実施。

 

伊藤忠が台北101ビルに資本参加、6億米ドルを投資

食品安全問題を起こした頂新グループの魏一族が株式を譲渡

伊藤忠と頂新グループは提携関係

伊藤忠は唯一の外資株主に

 

労働基準法の再改正、労働者団体の反対運動が収まらず

デモで逮捕者も

 

労働基準法の再改正、労働部の世論調査で50%以上が反対

民進党の世論調査では、60%近くが賛成

 

使用曲 五月天「如果我們不曾相遇」(もし出会わなかったなら)

 

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/10)台湾の出生率低迷、その理由

台湾の出生率は世界でもワースト3の1.17、人口は2025年に2374万人でピークを迎えたあと、その後、減少を始めるとされています。その少子高齢化の進行具合は日本以上で、将来、その人口バランスは日本同様、もしくは、さらに深刻になると危ぶまれているんです。
 
 
衛生福利部では、出産、子育て支援に、年間台湾元65億(日本円約247億)を拠出していますが、出生率は依然低迷が続いています。また、出生率以前の問題として、晩婚化、非婚化も進んでいるんです。
 
 
頼清徳・行政院長は12月27日、「もし有効的な措置を取らず、出生率が1.17を維持した場合、国力への影響は非常に非常に大きい。」と強調、様々な政策により、当面の目標として2030年までに、出生率を1.4まで引き上げると述べました。
 
 
では、なぜ台湾では、出生率が低迷しているのでしょうか、大手人材バンクはこの度、働く男女を対象とし、彼らのこうした問題における苦悩にクローズアップして調査を行いました。本日の「ようこそT-ROOMへ」では、この調査結果をもとに、台湾の少子化問題についてご紹介していきたいと思います。
(more)

よもやま台湾(2018/01/09)台湾省政府の所在地、中興新村は今

台湾省政府の所在地、中興新村

繁栄から沒落へ、台湾省の凍結から20年

誕生から60年を迎えた中興新村をどうするのか

 

「台湾省」とは何か

 

(more)

数字の台湾(2018/01/08)「10万社」景気回復で2016年は10万社が開業

「10万社」

台湾に経営者は147万人

情報・通信で開業増える、飲食業は廃業率高い

 

景気回復で10万社が開業

2007年からアメリカのサブプライムレート問題に端を発した世界金融危機で、台湾での開業は減少。2008年はわずか7万3000社。景気回復で増加に転じ、2013年は金融危機後最多の11万5000社に到達。2016は10万3000社で、4年連続の10万社超えとなった。

 

(more)

台湾博物館(2018/01/07)「台湾通信」台湾をめぐる政治状況ーー新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(2回目)

インタビュー

新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(研究発展長)2回目

 

引き続き、台湾をめぐる最近の政治状況について、特に中国大陸との関係を中心にお話をうかがいました。

また、台湾が人材を引き留めるために必要なこと。

台湾の人たちと中国大陸との付き合い方。

関係を留学生の動向から見る台湾と日本。

こうした内容でお届けします。

 

【李明峻さん略歴】

台湾大学法学部政治学科卒業

淡江大学日本研究科修士

アメリカ留学

京都大学法学研究科修士

日本学術振興会研究員

 

岡山大学法学部助教授

2002年台湾に帰国

政治大学国際関係センター助研究員などを経て

2010年から新台湾智庫主任研究員を務める

大学でも教鞭を執る

 

 

(more)

宝島再発見(2018/01/06) 台湾ランタンフェスティバルは嘉義

台湾ランタンフェスティバルは3月2日から台湾中南部・嘉義県太保市で開かれる。公開されたメインランタンは「忠義天成」。初めて干支の動物に加えて、原住民族の子どももオブジェとなった。手提げランタンは工夫が凝らされた「達力狗」。今から楽しみ。

(more)

文化の台湾(2018/01/05) 飲酒運転+αで追い詰められる女優!

飲酒運転は誰もが憎む犯罪。芸能人だからといって罰を免れることはできない。台湾の有名女優が飲酒運転をして台湾で逮捕された。しかし、謝罪した対象が彼女にとっての主要な「市場」である中国大陸のファンたちだったことで批判の的に。実刑になるのかどうかも焦点だ。

(more)

台湾経済最前線(2018/01/04)企業CEOの7割が楽観視、景気上昇が実現か

【2018年の台湾経済予測】

企業CEOの7割が楽観視、景気上昇が実現か

楽観比率はこの3年で最高、昨年より30ポイント上昇

 

11月の輸出受注は11.6%増加、16カ月連続のプラス成長

中国大陸・香港、ヨーロッパ向けの輸出受注が過去最高

 

11月の失業率は3.71%、この17年で同月最低

 

使用曲 李玖哲,倪耐斯「Let go」

 

(more)

よもやま台湾(2018/01/02)「北溝故宮」中国大陸から台湾に運ばれた故宮博物院の文物を16年間保管

「北溝故宮」の保護運動高まる

台中市霧峰北溝の旧故宮保管倉庫

中国大陸から台湾に運んできた故宮博物院の文物を16年間保管

1953年に完成。1965年に任務終了し、文物は台北市外雙溪の現地点に移動

  

道路標識が人気スポットに

台東の「台11線111キロメートル」 テスト一番、業績トップ、昇進一番を祈願

台東の「9線420ロメートル」 「就是愛你」(あなたを愛しています)に近い発音でカップルの聖地に

 

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/03)台湾の観光事情

昨年、海外から台湾を訪れた旅行者の数は、3年連続で延べ1000万人を越えました。観光立国を掲げる日本が、およそ2800万人あまりですから、国土ははるかに小さく、人口がおよそ5分1の台湾は、十分に健闘しているといえるのではないでしょうか。延べ1000万人を達成した昨年12月中旬から、台湾では、海外の旅行者の自国への誘致「インバウンド」、そして自国から海外への旅行「アウトバウンド」に関する新たな傾向についての話題がいろいろとでています。今週の「ようこそT-ROOMへ」は、こうした話題をご紹介していきましょう。

(more)

台湾博物館(2017/12/31)「台湾通信」台湾をめぐる政治状況ーー新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(1回目)

インタビュー

新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(研究発展長)1回目

 

台湾をめぐる最近の政治状況について、特に中国大陸との関係を中心にお話をうかがいました。

中国大陸での中国共産党第19回党大会の意義、その台湾と中国大陸の関係に対する影響は。

台湾コンセンサスの形成には、2018年の統一地方選挙、2020年の総統・立法委員選挙の終了を待つ必要がある。

こうした内容でお届けします。

 

【李明峻さん略歴】

台湾大学法学部政治学科卒業

淡江大学日本研究科修士

アメリカ留学

京都大学法学研究科修士

日本学術振興会研究員

 

岡山大学法学部助教授

2002年台湾に帰国

政治大学国際関係センター助研究員などを経て

2010年から新台湾智庫主任研究員を務める

大学でも教鞭を執る

 

(more)

宝島再発見(2017/12/30)台北101の年越し花火ショー、おすすめ鑑賞スポット

グルメの時間、今週は猪血糕をご紹介いたします。

最新観光情報のコーナーでは、台北101の年越し花火ショー、おすすめ鑑賞スポット、台北の年越しイベントに参加する際の五つのコツをご紹介いたします。

 

(more)

お便りありがとう(2017/12/29)リスナーからの年賀状などの紹介

2017年最後のお便りの時間。リスナーの方からいただいた年賀状を紹介しながら、ご質問にお答えいたします。大阪玉山会主催の新年会の告知もあります。どなたでも気軽に参加できます。リスナーの方でなくてもかまいません。詳細は下記のページを参照のこと。

http://japanese.rti.org.tw/whatsNew/?recordId=27463

(more)

台湾経済最前線(2017/12/28)台湾経済、この20年に何が起きたのか

台湾経済、この20年に何が起きたのか。

中央研究院経の研究者が報告

「台湾経済の奇跡」から「衰退」へ

 

1990年代以降、経済構造の転換、自由化、グローバル化、台湾企業の中国大陸進出、世界経済の転換に直面

 

・政府の経済政策の促進能力が低下、失敗が重なる

・企業が大型化、利益獲得状況が悪化

・中小企業の生存の余地が縮小、家族化が進行

 

台湾経済は問題点をどう解決して再出発するのか

 

使用曲 順鵬「平凡最偉大」(平凡が最高だ)

 

(more)

よもやま台湾(2017/12/26)中壢事件から40年、台湾の民主化運動の始まりを告げる事

中壢事件から40年

戦後、台湾初の選挙暴動。台湾の民主化運動の始まりを告げる事件

1977年11月19日に投票が行われた統一地方選挙で、桃園県長(=県知事)選挙で不正のうわさが広がり、市民の暴動に発展

 

中壢事件40年、鄭文燦・県長が記念館設置を決定

 

中壢事件を紹介

桃園市中壢区を紹介

 

(more)