インターネット放送を聴く
 
 
QR Code
ミュージックステーション(2017/03/20) Miss Ko(葛仲珊)「皇后區的皇后」 ミュージックステーション
2017-03-20
  • Miss Ko(葛仲珊)「皇后區的皇后」

    Miss Ko(葛仲珊)「皇后區的皇后」

    今日みなさまにお届けするのは、女性ラッパー・Miss Ko( 葛仲珊)の[皇后區的皇后 Queen of Queens] 。ニューヨーク生まれ、ニューヨーク育ちで、本場仕込みの抜群の音楽センスを持つ彼女による、中国語ラップミュージックの世界をお楽しみください。(写真:Miss Ko(葛仲珊)フェイスブックより/アルバムビジュアル)

今日みなさまにお届けするのは、女性ラッパー・Miss Ko( 葛仲珊)の[皇后區的皇后 Queen of Queens] 。ニューヨーク生まれ、ニューヨーク育ちで、本場仕込みの抜群の音楽センスを持つ彼女による、中国語ラップミュージックの世界をお楽しみください。ラップミュージックは、歌詞がわからないと面白味が伝わりにくい部分もあるかもしれませんが、そんなときのための、台湾国際放送です。なるべくわかりやすいように解説を加えさせていただきますので、どうぞ、敬遠しないで、最後までお聴きになってみてくださいね。

よもやま台湾(2018/01/16)台北市の公共自転車YouBike、400カ所のスタンド設置完成

台北市の公共自転車YouBike、400カ所のスタンド設置完成

2009年に設置開始。今後2年間は新設なし

利用回数は1日平均延べ6万回

満足度は90%

 

台北市の2018年の「公告地価」、6.12%下落

「公告現値」は1.76%下落

 

台湾の「地王」、公告土地現値は台北101が5年連続トップ

 

(more)

数字の台湾(2018/01/15)「6割」年末年始にアルバイト、サラリーパーソンの6割

「6割」

年末年始にアルバイト、サラリーパーソンの6割

目的は、「收入を増やす」39.7%、「正職の給料が足りない」23.7%、「貯金を増やす」15.2%

サラリーパーソンのアルバイト、月に平均24.6小時、收入は平均1万1905元

 

(more)

台湾博物館(2018/01/14)「台湾通信」蔡英文・総統の政治に対する世論動向

蔡英文・総統の政治に満足25%、不満59.9%――中国時報の世論調査

2016年の就任時の満足52.5%、不満5.9%から大きく変化

高学歴者の不満、若者の失望

 

蔡英文・総統に満足30.7%、不満51.1%――新台湾国際智庫の世論調査

蔡英文・総統の再選を支持する32.4%、支持しない43.9%

 

蔡英文・総統の政治に賛同する35.9%、賛同しない46.6%――台湾民意基金会の世論調査

支持政党 民進党23.4%、国民党21.4%、時代力量8.4%、親民党1.9%

 

労働基準法の再改正が可決成立、7日以上の連続勤務が可能に

蔡英文・総統が謝罪、2回の労働基準法の改正が社会不安招く

(more)

文化の台湾(2018/01/12) 水不足はカエルで測る?

台湾ではこの冬、水不足が心配されている。水不足といえば、いつも話題になるのが日月潭にいるカエル。生きているカエルではなく、水力発電のためのダム湖でもある日月潭の水位を示す機能も兼ねたカエルの銅像だ。9匹のカエルが重なった姿は訪れる人たちにとって「インスタ映え」する観光地に。

(more)

台湾経済最前線(2018/01/11)海外のオンライン通販での購入、越境ECの免税額が引き下げ

海外のオンライン通販での購入、越境ECの免税額が引き下げ

貨物税免税額、従来の3000台湾元から、2000台湾元に

今年1月1日から実施。

 

伊藤忠が台北101ビルに資本参加、6億米ドルを投資

食品安全問題を起こした頂新グループの魏一族が株式を譲渡

伊藤忠と頂新グループは提携関係

伊藤忠は唯一の外資株主に

 

労働基準法の再改正、労働者団体の反対運動が収まらず

デモで逮捕者も

 

労働基準法の再改正、労働部の世論調査で50%以上が反対

民進党の世論調査では、60%近くが賛成

 

使用曲 五月天「如果我們不曾相遇」(もし出会わなかったなら)

 

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/10)台湾の出生率低迷、その理由

台湾の出生率は世界でもワースト3の1.17、人口は2025年に2374万人でピークを迎えたあと、その後、減少を始めるとされています。その少子高齢化の進行具合は日本以上で、将来、その人口バランスは日本同様、もしくは、さらに深刻になると危ぶまれているんです。
 
 
衛生福利部では、出産、子育て支援に、年間台湾元65億(日本円約247億)を拠出していますが、出生率は依然低迷が続いています。また、出生率以前の問題として、晩婚化、非婚化も進んでいるんです。
 
 
頼清徳・行政院長は12月27日、「もし有効的な措置を取らず、出生率が1.17を維持した場合、国力への影響は非常に非常に大きい。」と強調、様々な政策により、当面の目標として2030年までに、出生率を1.4まで引き上げると述べました。
 
 
では、なぜ台湾では、出生率が低迷しているのでしょうか、大手人材バンクはこの度、働く男女を対象とし、彼らのこうした問題における苦悩にクローズアップして調査を行いました。本日の「ようこそT-ROOMへ」では、この調査結果をもとに、台湾の少子化問題についてご紹介していきたいと思います。
(more)

よもやま台湾(2018/01/09)台湾省政府の所在地、中興新村は今

台湾省政府の所在地、中興新村

繁栄から沒落へ、台湾省の凍結から20年

誕生から60年を迎えた中興新村をどうするのか

 

「台湾省」とは何か

 

(more)

数字の台湾(2018/01/08)「10万社」景気回復で2016年は10万社が開業

「10万社」

台湾に経営者は147万人

情報・通信で開業増える、飲食業は廃業率高い

 

景気回復で10万社が開業

2007年からアメリカのサブプライムレート問題に端を発した世界金融危機で、台湾での開業は減少。2008年はわずか7万3000社。景気回復で増加に転じ、2013年は金融危機後最多の11万5000社に到達。2016は10万3000社で、4年連続の10万社超えとなった。

 

(more)

台湾博物館(2018/01/07)「台湾通信」台湾をめぐる政治状況ーー新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(2回目)

インタビュー

新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(研究発展長)2回目

 

引き続き、台湾をめぐる最近の政治状況について、特に中国大陸との関係を中心にお話をうかがいました。

また、台湾が人材を引き留めるために必要なこと。

台湾の人たちと中国大陸との付き合い方。

関係を留学生の動向から見る台湾と日本。

こうした内容でお届けします。

 

【李明峻さん略歴】

台湾大学法学部政治学科卒業

淡江大学日本研究科修士

アメリカ留学

京都大学法学研究科修士

日本学術振興会研究員

 

岡山大学法学部助教授

2002年台湾に帰国

政治大学国際関係センター助研究員などを経て

2010年から新台湾智庫主任研究員を務める

大学でも教鞭を執る

 

 

(more)

宝島再発見(2018/01/06) 台湾ランタンフェスティバルは嘉義

台湾ランタンフェスティバルは3月2日から台湾中南部・嘉義県太保市で開かれる。公開されたメインランタンは「忠義天成」。初めて干支の動物に加えて、原住民族の子どももオブジェとなった。手提げランタンは工夫が凝らされた「達力狗」。今から楽しみ。

(more)

文化の台湾(2018/01/05) 飲酒運転+αで追い詰められる女優!

飲酒運転は誰もが憎む犯罪。芸能人だからといって罰を免れることはできない。台湾の有名女優が飲酒運転をして台湾で逮捕された。しかし、謝罪した対象が彼女にとっての主要な「市場」である中国大陸のファンたちだったことで批判の的に。実刑になるのかどうかも焦点だ。

(more)

台湾経済最前線(2018/01/04)企業CEOの7割が楽観視、景気上昇が実現か

【2018年の台湾経済予測】

企業CEOの7割が楽観視、景気上昇が実現か

楽観比率はこの3年で最高、昨年より30ポイント上昇

 

11月の輸出受注は11.6%増加、16カ月連続のプラス成長

中国大陸・香港、ヨーロッパ向けの輸出受注が過去最高

 

11月の失業率は3.71%、この17年で同月最低

 

使用曲 李玖哲,倪耐斯「Let go」

 

(more)

よもやま台湾(2018/01/02)「北溝故宮」中国大陸から台湾に運ばれた故宮博物院の文物を16年間保管

「北溝故宮」の保護運動高まる

台中市霧峰北溝の旧故宮保管倉庫

中国大陸から台湾に運んできた故宮博物院の文物を16年間保管

1953年に完成。1965年に任務終了し、文物は台北市外雙溪の現地点に移動

  

道路標識が人気スポットに

台東の「台11線111キロメートル」 テスト一番、業績トップ、昇進一番を祈願

台東の「9線420ロメートル」 「就是愛你」(あなたを愛しています)に近い発音でカップルの聖地に

 

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/01/03)台湾の観光事情

昨年、海外から台湾を訪れた旅行者の数は、3年連続で延べ1000万人を越えました。観光立国を掲げる日本が、およそ2800万人あまりですから、国土ははるかに小さく、人口がおよそ5分1の台湾は、十分に健闘しているといえるのではないでしょうか。延べ1000万人を達成した昨年12月中旬から、台湾では、海外の旅行者の自国への誘致「インバウンド」、そして自国から海外への旅行「アウトバウンド」に関する新たな傾向についての話題がいろいろとでています。今週の「ようこそT-ROOMへ」は、こうした話題をご紹介していきましょう。

(more)

台湾博物館(2017/12/31)「台湾通信」台湾をめぐる政治状況ーー新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(1回目)

インタビュー

新台湾国策智庫 李明峻・主任研究員(研究発展長)1回目

 

台湾をめぐる最近の政治状況について、特に中国大陸との関係を中心にお話をうかがいました。

中国大陸での中国共産党第19回党大会の意義、その台湾と中国大陸の関係に対する影響は。

台湾コンセンサスの形成には、2018年の統一地方選挙、2020年の総統・立法委員選挙の終了を待つ必要がある。

こうした内容でお届けします。

 

【李明峻さん略歴】

台湾大学法学部政治学科卒業

淡江大学日本研究科修士

アメリカ留学

京都大学法学研究科修士

日本学術振興会研究員

 

岡山大学法学部助教授

2002年台湾に帰国

政治大学国際関係センター助研究員などを経て

2010年から新台湾智庫主任研究員を務める

大学でも教鞭を執る

 

(more)

宝島再発見(2017/12/30)台北101の年越し花火ショー、おすすめ鑑賞スポット

グルメの時間、今週は猪血糕をご紹介いたします。

最新観光情報のコーナーでは、台北101の年越し花火ショー、おすすめ鑑賞スポット、台北の年越しイベントに参加する際の五つのコツをご紹介いたします。

 

(more)

お便りありがとう(2017/12/29)リスナーからの年賀状などの紹介

2017年最後のお便りの時間。リスナーの方からいただいた年賀状を紹介しながら、ご質問にお答えいたします。大阪玉山会主催の新年会の告知もあります。どなたでも気軽に参加できます。リスナーの方でなくてもかまいません。詳細は下記のページを参照のこと。

http://japanese.rti.org.tw/whatsNew/?recordId=27463

(more)

台湾経済最前線(2017/12/28)台湾経済、この20年に何が起きたのか

台湾経済、この20年に何が起きたのか。

中央研究院経の研究者が報告

「台湾経済の奇跡」から「衰退」へ

 

1990年代以降、経済構造の転換、自由化、グローバル化、台湾企業の中国大陸進出、世界経済の転換に直面

 

・政府の経済政策の促進能力が低下、失敗が重なる

・企業が大型化、利益獲得状況が悪化

・中小企業の生存の余地が縮小、家族化が進行

 

台湾経済は問題点をどう解決して再出発するのか

 

使用曲 順鵬「平凡最偉大」(平凡が最高だ)

 

(more)

よもやま台湾(2017/12/26)中壢事件から40年、台湾の民主化運動の始まりを告げる事

中壢事件から40年

戦後、台湾初の選挙暴動。台湾の民主化運動の始まりを告げる事件

1977年11月19日に投票が行われた統一地方選挙で、桃園県長(=県知事)選挙で不正のうわさが広がり、市民の暴動に発展

 

中壢事件40年、鄭文燦・県長が記念館設置を決定

 

中壢事件を紹介

桃園市中壢区を紹介

 

(more)

数字の台湾(2017/12/25)「3.16%」2016年、台湾の研究開発費はGDPの3.16%で過去最高

「3.16%」

2016年、台湾の研究開発費はGDPの3.16%で過去最高

金額は5414億台湾元

基礎研究経費は減少、台湾の科学技術の競争力に不利

少子化で若手の研究開発スタッフが減少

 

(more)

台湾博物館(2017/12/24)「台湾通信」国家安全法違反の疑い、新党スポークスマンの王炳忠氏らが連行される

「国家安全法違反の疑い」 新党スポークスマンの王炳忠氏らが連行される

証人なのに強制連行、論議を引き起こす

王炳忠氏ら、事情聴取後に帰宅

中国大陸スパイ事件の周泓旭・被告、王炳忠氏らとの関係は?

政治的な意図に関心集まる

 

中国大陸の中国国務院台湾事務弁公室「高度な関心を持つ。強く非難する」

行政院大陸委員会「王炳忠事件への中国大陸の関心は訳が分からない」

新党事件、中国大陸で反台湾感情が高まる

 

新党が住民投票を発動へ、承認への捜査は弁護士同行を

新党事件で国民党の呉敦義・主席「民主法治は台湾の誇りだったのでは?」

 

国家安全法と中国大陸のスパイ

 

国家安全法を紹介

(more)

宝島再発見(2017/12/23)冬至に欠かせないお団子など

12月22日は暦の上では冬至にあたります。台湾では冬至に「湯圓」を食べる習慣があります。「湯圓」はお団子のことです。甘いのもあれば甘くないのもあります。今週は台湾のナイトマーケットで食べられる、甘くないお団子と甘いお団子をそれぞれ一種類ご紹介いたします。皆様は金木犀の花が入っているお団子を召し上がったことがあおりですか、......

 

(more)

台湾経済最前線(2017/12/21)賃貸住宅条例が可決、管理代行業務を法制化

賃貸住宅条例が可決・成立、管理代行業務を法制化

管理代行サービスの発展で、賃貸住宅市場の発展促進に期待

家賃への所得税課税、1カ月6000元以下は免除

敷金は最高2か月分

住宅運動団体、賃貸住宅改革は出発点

 

自宅を所有するサラリーパーソンはわずか2割、32%が購入を後悔

家賃は給料の4分の1

2016年の台湾での自宅所有率は85.4%、2010年以来2番目の高水準

 

家賃指数が過去最高、借りるより勝った方が得?

 

住宅ローン貸出残高、増加幅が縮小

 

使用曲 微甜女孩WaySugar「微甜誓言」(Sugarの誓い)

 

(more)

よもやま台湾(2017/12/19) 幸福都市ランキング、台北市トップ

幸福都市ランキング、台北市トップ

台北市25.6%、台中市21.7%、台南市9.3%、高雄市7.9%、新北市7.1%

基隆市、連江県が最下位

 

青年は4割が「不幸だ」、わずか1割が「幸福だ」

高給よりも「ワーク・ライフ・バランス」

 

中国大陸福建省平潭と台湾(台北港・台中港)を往復する高速フェリー

平潭とはどういうところ? 平潭総合実験区は台湾資本を吸収できるか

(more)

数字の台湾(2017/12/18)「8万5118人」腎臓の人工透析は昨年8万5118人で過去最多

「8万5118人」

腎臓の人工透析を受けている人は昨年8万5118人、過去最高

腎臓関係の疾病で健康保険の支出483億元、各種疾病の中で最多

(more)

ミュージアム台湾(台湾博物館)後半 野球通訳のトップランナー、李淑芳さん

野球が盛んな台湾では年間を通じて、各世代の野球の国際大会が行われます。こうした大会において欠かすことができないのが通訳の存在です。

 

李淑芳さんは、各世代の「侍ジャパン」を含め、日本のチームが来台する際に通訳、コーディネーターを担当する、いわば台湾野球通訳のトップランナーで、日本球界の選手、コーチそして、日本のメディアから大きな信頼を得ています。今週の「ミュージアム台湾」後半では、李さんの日本語学習のきっかけから、野球との出会い、通訳・コーディネーターとして歩み、さらにはあのスーパースターとのこぼれ話まで、色々とお話を伺いました。

 

※後半は30:00から、およそ27分間。

(more)

台湾博物館(2017/12/17)「台湾通信」頼清徳・行政院長の「功德論」に論議

台湾、2017年を代表する漢字 「茫」

上位8位はマイナスイメージの字

 

頼清徳・行政院長の「功德論」に論議

介護スタッフの低賃金に対するコメントが問題に

行政院を「功徳院」に

労働団体が行政院前で読経会、坊主頭に剃る人も

 

台湾の働く人たち305万人は「功德」か、収入が月3万元足らず

 

頼清徳・行政院長:行政院長を引き受けたのは2020年の次期総統選挙で蔡総統を支持すること

頼清徳・行政院長に批判、来年の統一地方選挙どうなる

 

来年の統一地方選挙、国民党が5自治体の奪還目指す

台北市長選挙へ各党で立候補希望者相次ぐ

 

(more)

宝島再発見(2017/12/16)蔡英文・総統の大好物「花生煎餅」など

今週は蔡英文・総統の大好物、「花生煎餅」をご紹介いたします。2015年、当時の総統候補だった蔡英文女史が台湾の大手食品メーカー、義美食品を訪れた際、義美食品の商品のうち、特にソフトクリーム、小豆のアイスキャンデー、そして花生煎餅が好きで、小さい頃から食べていると語ったそうです。......

(more)

お便りありがとう(2017/12/15)大阪玉山会新年会開催のお知らせなど

関西地方のリスナーズクラブ、大阪玉山会が2018年1月27日(土曜日)に新年会を開催する予定です。この新年会は台湾国際放送のリスナーはもちろんのこと、台湾に興味のある方であればどなたでも参加できます。ご興味のある方は、是非足を運ばれて下さい。詳しい情報は次のページを参照のこと。http://japanese.rti.org.tw/whatsNew/?recordId=27463

(more)

文化の台湾(2017/12/15) 台湾の「お香典」はいくら?

同僚や親しい友人が亡くなった場合、台湾では「お香典」をいくら包めばいいのだろう。大切なのはあくまで気持ちであり、金額について絶対的な決まりがあるわけではないが、「郷に入れば郷に従え」。台湾ではどんな習慣があるのだろうか。

(more)

台湾経済最前線(2017/12/14)来年の台湾の経済発展目標2.4~2.6%

来年の台湾の経済発展目標2.4~2.6%(行政院国家発展委員会)

 

行政院主計総処、来年のGDP成長予測を2.29%に上方修正

主計総署:景気のピークはまだまだ

今年第3四半期(7~9月)の経済成長率は3.10%

 

10月の輸出受注、15カ月連続で増加

 

10月の景気警告信号は緑(安定)、もう少しで黄青(やや鎮静)に転落

指標は前月に比べて5ポイントの急落

 

統一超商(セブンイレブン)、来年に無人店舗開設へ

最初の無人店舗は 台北市に

 

11月の消費者物価指数(CPI)0.35%上昇、安定上昇

核心物価は1.3%上昇、この10月で最高

 

使用曲 許含光「藍色房間」(青い部屋)

(more)

ようこそT-roomへ(2017/12/13)台湾中に深い悲しみを与えた「澎湖のJIN」医師、侯武忠さんの死

1120日、離島・澎湖出身で、「生ける菩薩様」、また日本の人気ドラマの主人公になぞらえて「澎湖のJIN」と呼ばれた医師、侯武忠さんが膵臓がん亡くなりました。55歳の若さでした。

 

侯武忠さんの死は、地元・澎湖の人だけでなく、台湾の多くの人々にも深い悲しみを与えました。本日の「ようこそTROOMへ」では、生涯、澎湖の地域医療に尽くした医師・侯武忠さんの人生についてご紹介したいと思います。

(more)

よもやま台湾(2017/12/12) 台湾でいちばん豊かな「里」、新竹市関新里

台湾でいちばん豊かな「里」、新竹市関新里

「里」=最も小さい行政単位、日本の町内会の規模

新竹市東区にある関新里、申告所得が台湾で最も高い年間242.5万元

新竹科学園区(サイエンスパーク)に働く高収入者の住宅地としてマンション群

人口5279人、1400戸

「土地が狭く、人口が密集し、低所得者がおらず、平均年齢35歳以下」が特徴

 

渋滞深刻、公共施設の土地なく、幸福感はいま一つ

土地への帰属感が引く、ボランティアや政治に冷淡

 

台湾で所得の高い「里」、新竹市・県が上位14を占める

 

 

(more)

台湾ソフトパワー(2017/12/12) MRT文化宣伝大使、「麻吉猫」とは?

台北新交通システム(MRT)では乗車のエチケットを「文化」として広める活動を行っている。それの宣伝大使が「麻吉猫」。専属キャラクターではないため、活動の場を広げていて、台湾を代表するキャラクターに育ちつつある。「麻吉猫」とは誰なのか。どこから来たのか。秘密に迫る。

(more)

数字の台湾(2017/12/11)「18%」海外駐在の魅力が減退、待遇は台湾より18%高いだけ

「18%」

台湾企業の海外駐在、待遇は台湾より平均18%高いだけ

海外駐在の魅力が減退、待遇が想像より悪い

海外での仕事が人気、8割以上の求人は中国大陸への派遣

 

「3.22%」

今年の賃金、昨年より3.22%増加

賃金は増えても、労働時間は増加、物価は上昇

 

(more)

台湾博物館(2017/12/10)「台湾通信」「移行期の正義促進条例」が可決・成立

台湾の最高峰、玉山でこの冬に入って初雪

 

「移行期の正義促進条例」が可決・成立

移行期の正義促進委員会が設置へ

専制統治時代の権威を除去、まず蒋介石・元総統を記念する中正紀念堂が焦点に

蒋介石・元総統の象徴を除去・改名

蔡英文・総統「民主の前進」

国民党「違法・違憲」、憲法解釈を要請へ

改名、内政部長:委員会と地方自治体が認定

 

野党など:日本植民地統治の象徴、総督府(現・総統府)を取り壊すべき

総督府を取り壊さなければ「移行期の正義」はない

 

蒋介石・元総統の名前・肖像、学校30校、道路196本、硬貨百億枚

中正紀念堂をどう転換させるか、市民の意見を集める

 

蒋介石・元総統のひ孫、蔣萬安・立法委員(国民党)は「移行期の正義促進条例」に賛成

蔣萬安・立法委員:歴史の傷跡を治さなければ対立はなくならない

「一部の条文には対応すべき」、国民党内部でも「移行期の正義」を思考

 

柯文哲・台北市長:「勝利者の正義」であってはならない

 

(more)

宝島再発見(2017/12/09)黒金剛落花生

台湾の最新観光情報をご紹介する宝島再発見。今週は生産量では台湾で二位ですが、売れ行きや人気ではダントツ一位のピーナッツ、黒金剛をご紹介いたします。旧正月が近づいてまいりますと、この黒金剛を売る屋台が増えてきます。お正月、一家団欒するときに欠かせないのはこのピーナッツ。ピーナッツは中国語では落花生、または花生といいます。中国語では「花生」の発音は「発生」によく似ているので、お正月に「花生」を食べると、いいことが「発生する」という言い伝えがあります。この黒金剛には体にいいある成分が含まれています。......

(more)

台湾経済最前線(2017/12/07)大気汚染が深刻化、各自治体が対策も課題大

高雄市が公共交通機関を3カ月無料に、大気汚染の深刻化で

路線バスとライトレールは終日、MRTは通勤時間の各2時間

台中市では市内バス10キロメートルまで無料実施

公共交通機関の無料、屏東県が中央政府に財源補助を要求

 

大気汚染で台中市が台中火力発電所に石炭使用量削減を要求

45億キロワット時の電力が減少、来年の夏を乗り切れるか

高雄市も興達火力発電所の石炭を2割削減

 

地方自治体の長が大気汚染対策で台湾電力に圧力、電力供給よりも選挙か?

大気汚染の原因、大半は台湾自体の汚染源

 

使用曲 五月天「頑固」

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/12/3)2017年ヤフー10大ニュース

12月も6日、2017年もあと3週間あまりで終わってしまうんですね。あまり実感はありませんが、こうした中、大手検索エンジンのyahoo台湾は、インターネットユーザーが選んだ10大ニュースや2017年の芸能人やスポーツ選手の検索ランキングなどを発表しました。
 
 
この10大ニュースは、ヤフーがまず今年起きたニュースを30本選び、その中からインターネットユーザーがこれこそ10大ニュースと思うものを投票し、その得票率のトップ10を並べたものです。調査は11月22日から12月1日まで行われ、8700人が投票しました。
 
 
本日の「ようこそT-ROOMへ」では、ヤフーの十大ニュースについてご紹介いたしましょう。
(more)

よもやま台湾(2017/12/05) 戦後台湾で発生した最大の白色テロ事件「鹿窟事件」

「鹿窟事件」

1952年12月、現在の新北市鹿窟で発生。戦後台湾で発生した最大の白色テロ事件とされる。

 

1949年9月、陳本江と陳通和の兄弟は、中国共産党が台湾に派遣した指導者の蔡孝乾の命を受け、鹿窟地区に基地「北区武裝委員会」を設立。1952年、「台湾人民武裝保衛隊」に改組、共産党の台湾でのパルチザンとなる。しかし、隊員の多くは地元の住民で訓練も行き届いておらず、武器の性能も悪く、戦闘能力は低かった。

国防部は軍隊3800~1万人余り(諸説あり)を派遣して、1952年12月28日夜から鹿窟地区に入り、掃討を実施、900人近くを逮捕した。有罪93人、うち死刑28人だった。

 

監察院はこの事件を調査した結果、当時の国防部の行動は不当だったと糾弾。関係者に対する賠償をするよう行政院に要求。

蔡英文政権が進める「移行期の正義」の関する最初の案件だと位置付けられている。

(more)

台湾ソフトパワー(2017/12/05) 台湾初!米ブレイクスルー賞にあの子が登場

米国のNASA(航空宇宙局)エイムズ研究センターで行われた「ブレイクスループライズ」授賞式典で、台湾の17歳、チェロ奏者で女優の欧陽娜娜(オーヤン・ナナ)が米国の人気ラッパー、ウィズ・カリファさんと共演した。この賞は世界トップレベルの科学者を表彰するもので、その授賞式に台湾の芸能人がゲスト出演するのはもちろん初めての快挙。司会のモーガン・フリーマンさんも「17歳!」とビックリ。

(more)

数字の台湾(2017/12/04)「5割」台北市のマンションは東京より5割高い

「5割」

台北市のマンション、実際の使用面積で計算すれば東京より5割高い

 

高級マンション、台北は世界第8位

アジアでは香港、シンガポール、上海に次いで4位、北京・パリ・シドニーなどより高い

 

(more)

台湾博物館(2017/12/03)「台湾通信」台湾経済への提言ーー台北市日本工商会 八木猛・理事長(2回目)

インタビュー

台北市日本工商会

八木猛・理事長(2回目)

(台湾丸紅 董事長兼総経理)

 

台北市日本工商会が11月3日に発表し、台湾当局に手渡した今年の「白書」について、お話をうかがたった。

 また、八木・理事長の台湾経済に対する見方、ご本業である商社(台湾丸紅董事長兼総経理)のお仕事、今後の目標などについてもうかがった。

 

 この白書は、台北市日本工商会のホームページで全文を見ることができる。URLは下記の通り。

『2017 台湾政府政策に対する台北市日本工商会の提言と要望』(2017年白書)日本語版

http://www.japan.org.tw/newsite/2010/uploads/20171106_1370826200_2017%E7%99%BD%E6%9B%B8(%E6%97%A5%E6%96%87%E7%89%88).pdf

(more)

宝島再発見(2017/12/02)2018年に訪れたい新興の10大観光都市-台東

世界最大手のオンライン宿泊予約サイトBooking.com(ブッキング・ドットコム)が去る11月30日、「2018年に訪れたい新興の10大観光都市」を発表しました。台湾南東部の台東県も選ばれました。台東は、台湾本島の西側の観光スポットに比べると、やや交通の便が悪いかもしれませんが、手つかずの大自然、温泉、道教の廟、マリンスポーツ、離島の緑島など、観光資源が非常に豊富です。今週は魅力たっぷりの台東の観光スポットをご紹介いたします。まずは「最も美しい駅」と呼ばれる、在来線台湾鉄道の多良駅、すでに廃駅になっていますが、やはり訪れる人は後を絶ちません。......

(more)

文化の台湾(2017/12/01)君は「烏坵」を見たか?

台湾の離島というと、澎湖、金門、馬祖、蘭嶼、緑島?さらには南シナ海に浮かぶ島々か?でも、最近、金門と馬祖のちょうど中間あたりにある烏坵が話題になっている。清の時代に建てられた灯台がこのほど「国定古跡」に格上げされた。中国大陸に向き合う最前線で定期航路もなく、もちろん空港もないこの島。いつか自由に訪れることになるのだろうか?

(more)

台湾経済最前線(2017/11/30)都市再開発を加速へ、来年は500件1万戸を目標

都市再開発を加速へ、来年は500件1万戸を目標

法令改正で老朽・危険マンションの建て替え促進

都市再開発、今年は1000億元規模

 

労働基準法の再改正、立法院の内外で反対派が阻止へ

議事が混乱、労働者団体は立法院突入

与党内部にも反対意見

労働部の調査、労働基準法の再改正に賛成は 雇用主71%、被雇用者48%

 

使用曲 蕭煌奇「無聲的約束」(言葉にしない約束)

 

(more)

ようこそT-roomへ(2017/11/29)「プリンセスメーカー」赤井孝美さん講演

台湾で日本の漫画、アニメ、ゲームは非常に高い人気があります。台湾で日本語を学ぶ若い世代に話を聞きますと、その多くがこうした日本のサブカルチャーをきっかけに日本の文化に興味を持ち、日本語の勉強を始めたと答えます。

 

日本は現在、東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年までに、4000万人の訪日外国人誘致を目指し、インバウンド観光市場に力を入れています。そして、それは大都市ばかりではありません。この度、鳥取県が、台北市内で若者に人気の漫画を切り口にした情報発信イベント「你好!まんが王国とっとりin台北」を行いました。二日間、2箇所に渡って行われたイベントには、ゲスト講師として、鳥取県出身のイラストレーターで、育成シュミレーションゲームの草分けといえる「プリンセスメーカー」の生みの親、米子ガイナックス・代表取締役の赤井孝美さんが出席、台湾の若者と交流をしたんです。

 

本日の「ようこそT-ROOMへ」では、特別編と致しまして、11月24日に台北市の台北城市科技大学で行われた文化交流イベント「你好!まんが王国とっとりin台北」についてご紹介したいと思います。

(more)

よもやま台湾(2017/11/28) 空港泊しやすい空港、台湾桃園国際空港は世界第6位

空港泊しやすい空港、台湾桃園国際空港は世界第6位

「Best Airport for sleeping」がまとめた今年のランキング

1. シンガポール・チャンギ国際空港

2. 韓国・インチョン国際空港

3. エストニア・タリン国際空港

4. 日本・東京羽田国際空港

5. フィンランド・ヘルシンキ国際空港

6. 台湾・台湾桃園国際空港

7. 日本・関西国際空港

8. ドイツ・ミュンヘン国際空港

9. カナダ・バンクーバー国際空港

10. オーストリア・ウイーン国際空港

 

台湾の地方自治体が中国大陸に事務所開設?

新北市の朱立倫・市長「討論可能、柔軟に住民サービスを」

台北市の柯文哲・市長「来年、まず深圳を視察してから検討」

行政院大陸委員会:地方自治体が実施するのは不適切

(more)

数字の台湾(2017/11/27)「10.2年」台湾のオートバイ、平均車齢10.2年

「10.2年」

台湾のオートバイ、平均車齢10.2年

1平方キロメートル当たり378台、台湾のオートバイ密度はアジア最高

2016年の総登録台数は1366万8227台(台湾の人口は2300万人余り)

 

「384万元」

住宅ローンは1人当たり384万元、この5年余りで最高

家庭支出の46%がローン返済に消える

 

(more)