インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

蔡・総統:中国の圧迫に冷静

2018-10-10
  • 理性的な態度で圧力解消

    理性的な態度で圧力解消

    蔡・総統は、「中国の脅迫行為と国際社会における圧迫は、台湾海峡両岸関係を傷つけるのみならず、平和で安定した台湾海峡の現状にとっても大きな挑戦となっているとし、情勢の変化が激しければ激しいほど、台湾が安定を維持する必要性が高まる。我々は、理性的な態度で圧力を解消し、冷静に生存の道を探っていくべきだ」と指摘した。(写真:CNA)

蔡英文・総統が10日、双十国慶節の談話の中で、情勢の変化が激しければ激しいほど、台湾が安定を維持する必要性が高まるとの見方を示しました。

 

蔡・総統は、中国の一方的な脅迫行為と国際社会における圧迫は、台湾海峡両岸関係を傷つけるのみならず、平和で安定した台湾海峡の現状にとっても大きな挑戦となっているとし、情勢の変化が激しければ激しいほど、台湾が安定を維持する必要性が高まる。我々は、理性的な態度で圧力を解消し、冷静に生存の道を探っていくべきだと指摘しました。

 

蔡・総統によりますと、インド太平洋地区と両岸関係が複雑さを増しています。地域の現状に変化を加えようとする中国の行為はすでに国際社会からの注目を集めています。西太平洋の第一線に位置する台湾はその影響で大きなプレッシャーを受けています。

 

蔡・総統は、「情勢の変化が激しければ激しいほど、台湾が安定を維持する必要性が高まる。我々は、理性的な態度で圧力を解消し、冷静に生存の道を探っていくべきだ」と重ねて表明し、これは総統に就任して以来の一貫した主張だと強調しました。

 

蔡・総統はさらに、台湾にいる2300万人の自由で民主的な生活を維持すること、中華民国の末長い発展を確保すること、台湾海峡と地域の平和と安定を維持すること、これらは台湾の人々の最大公約数だ。責任感のある政治家と政党はそれを最後まで守るべきだと強調しました。