インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

宜蘭太平山のトロッコ、19日に運行再開

2018-09-12
  • 宜蘭太平山のトロッコ

    宜蘭太平山のトロッコ

    宜蘭太平山のトロッコ(写真:林務局羅東林区管理処提供、CNA)
  • 太平山の日の出と雲海

    太平山の日の出と雲海

    太平山の日の出と雲海(写真:林務局羅東林区管理処提供、CNA)

2012年台風の被害により、運行停止となった標高2000メートルの(台湾北東部・宜蘭県)太平山にある観光列車、トロッコ列車が19日に運行が再開される。6年間待ってようやく運行再開にこぎついた。新しいトロッコ列車は黄色を基調にし、車体には園内の絶滅に瀕する動物のイラストが描かれている。

 

所轄機関の林務局羅東林区管理処は19日午前11時から当日券を発売する。当日の発車時間は12時30分、13時30分、14時30分、15時30分。乗客は数量限定の記念乗車券とトロッコをデザインにする記念グッズが贈られる。乗車料金は平日も休日も台湾元180元(約日本円653円)。19日から30日まで乗車券が半額(台湾元90元、約日本円326円)になる。

 

太平山トロッコ鉄道の始発駅は太平山荘、終着駅は茂興駅。全長3キロメートル。片道の所要時間は20分。一日八便。30分間隔で運行される。9月19日に正式に運行を再開。

 

(編集:王淑卿)