インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

「Taiwan Plus 2018文化台湾」、9/22に上野で

2018-09-11
  • Taiwan Plus 2018文化台湾

    Taiwan Plus 2018文化台湾

    中華文化総会は今年日本をターゲットに台湾の文化面におけるソフトパワーを発信する。9月22日と23日に東京の上野公園で一連のイベントを行う。題して「Taiwan Plus 2018文化台灣」。(写真:CNA)

中華文化総会は今年日本をターゲットに台湾の文化面におけるソフトパワーを発信します。9月22日と23日に東京の上野公園で一連のイベントを行います。題して「Taiwan Plus 2018文化台湾」。

 

これまで台湾のイベントは旅行とグルメが中心でしたが、「Taiwan Plus 2018文化台湾」は音楽、即売会、デザインの三大要素を結合します。音楽のほうでは台湾の著名な原住民歌手や第二エスニックグループ客家人の歌手など六組の歌手を招いて台湾の音楽の底力を見せ付けます。

 

会場には台湾のブランドから50のブースが出され、どのブランドも台湾の若者起業家のストーリーを語っています。ポスターのデザインは台湾の著名なデザインナーが手がけたもので、イベントの無限な可能性を紹介しています。

 

文化総会の張鉄志・副秘書長は、「イベントの名前は『文化台湾』。この図案はt、これもt、こちらはTaiwanのt、プラスの記号でもある。こちらもt、Tokyoのt。プラスの記号は台湾と東京を結び付ける意味だ。かわいくデザインされている。まるで手を振っているようだ。台湾の善意と温かさを象徴している。」と説明しました。

 

文化総会の江春男・副会長は、「台湾と日本は頻繁に交流している。今回は新たな方式で台湾の文化の力を伝えようとしている。台湾は世界に向けて歩みださなければならない。その第一歩は日本。最も新しい方法で台湾の文化における新たな力を表現しようとしている。」と説明しました。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、文化総会は今年から2020年まで、三カ年計画を通じて日本との交流をさらに深め、日本の人たちの台湾に対する理解もさらに深めてもらいたいとしています。