インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

WHAへの招待状が届かず、外交部:遺憾

2018-05-12
  • 呉釗燮・外交部長

    呉釗燮・外交部長

    世界保健機関(WHO)の年次総会、世界保健総会(WHA)が21日からスイスのジュネーブで開催される。しかし、インターネットでの参加申し込みが締め切られるスイス時間7日になっても台湾には招待状が届いていない。呉釗燮・外交部長は8日、台湾を圧迫する中国大陸のやり方を批判し、両岸の関係発展に不利だと指摘した。(写真:CNA)

外交部が、世界保健機関(WHO)から今年の年次総会、WHAへの招待状が届いていないことに遺憾を表明した。WHAは21日からスイスのジュネーブで開催される。インターネットでの申し込みは、ジュネーブ時間7日、台湾時間の8日早朝に締め切られたが、台湾には招待状が届いていない。

 

蔡英文・総統は7日夜に放送された、台湾のテレビでの単独インタビューの中で、台湾によるWHAへの参加問題に触れ、台湾は医療、産業、農業などの分野で友好国に協力しており、その実力もある。しかも、国際社会共通の価値観を持っているため、国際社会で台湾を支持する声がますます大きくなっていると指摘し、台湾はWHAに参加することができないものの、今後も引き続き努力していく決意を示した。

 

蔡・総統は、「台湾はWHAに参加することができないが、国際社会で台湾を支持する声がますます大きくなっている。それは我々に引き続き努力する必要性を教えてくれている。これらの機関は大きな政治的なプレッシャーを受けても我々の参加を認めてくれる日がいつかくることだろう。一時期参加できないからと言って諦めるのではなく、これからも引き続きがんばって国際社会に台湾の重要性と国際社会に還元したい気持ちを分らせるべきだ。」との見方を示した。

 

(編集:王淑卿)