インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

総統:資本市場でバイオ産業を支えよう

2018-05-11
  • 総統、竹北バイオ医療園区視察

    総統、竹北バイオ医療園区視察

    蔡英文・総統が10日、台湾北部・新竹バイオ医療産業イノベーション推進方案執行センターを訪れ、5+2イノベーション産業における「バイオ医療」産業の発展状況を視察した。(写真:CNA)

蔡英文・総統が10日、台湾北部・新竹バイオ医療産業イノベーション推進方案執行センターを訪れ、5+2イノベーション産業における「バイオ医療」産業の発展状況を視察しました。蔡・総統は、バイオテクノロジーは発展の潜在力を持つ台湾の産業の一つで、巨額な資本が必要だ。このため、将来、法規制や資本市場の規範などにおいてバイオテクノロジー産業の発展にさらにフレンドリーな環境を提供できるよう期待を寄せました。

 

蔡・総統はあいさつの中で、竹北バイオ医療パークは台湾がバイオテクノロジーを発展させる際の重要な場所だ。台北市の南港バイオ医療パークから竹北、それに中部サイエンスパーク、南部サイエンスパークを加えてすでにベルト状の発展エリアを形成している。これは台湾は一つの産業クラスターだということを証明している。研究開発のチームから、製造チーム、マーケティングチームまでいずれも一流の人材がいると賞賛しました。

 

蔡・総統は、「台湾のバイオ産業の生産高はおよそ台湾元2000億元あまり(約日本円7278億円)だが、その時価総額は台湾元一兆円(約日本円3.6兆円)に近い」と指摘、「バイオ産業の発展は政府の決意、行政機関の効率、企業の努力のほか、巨額な資本金も必要だ」と強調しました。

 

蔡・総統は、「そのため、我々は資本市場にも力を入れる。我々の資本市場がバイオ産業の発展を支えられるよう努力する。将来、法規制や資本市場の規制をさらに緩めてバイオ産業の発展を促すのにさらにフレンドリーな環境を提供するよう図っていく方針だ」と述べました。

 

蔡・総統はさらに「バイオ産業は産業だけではなく、国民の健康にもかかわっている。特にワクチンの開発は国家の安全保障にもかかわっているため、バイオ産業は国の発展にとっても非常に重要な産業だ」と説明しました。