インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

蔡・総統:実務的な国際組織参加を

2018-05-01
  • ルーベン・ ガリエーゴ米下院議員

    ルーベン・ ガリエーゴ米下院議員

    ルーベン・ ガリエーゴ米下院議員(写真:CNA)

蔡英文・総統が、中国大陸は外交的な手段を通じて台湾が世界保健機関の年次総会である、WHAへの参加を阻止しようとしているが、政府は今後もアメリカなど理念が近い国々と協力して国際組織に参加し、国際社会に還元するよう努力するとしています。

 

蔡・総統は4月30日午前、アメリカ連邦議会下院のルーベン・ ガリエーゴ議員の表敬訪問を受けました。蔡・総統はあいさつの中で、ガリエーゴ議員は台湾に友好的なアメリカ連邦議会下院の政治団体の一員であり、長期にわたって台湾と関係のある各議案を支持してきたと説明し、政府と国民を代表して初めて台湾を訪問するガリエーゴ議員に歓迎の意を表しました。

 

蔡・総統はこのほど立法化手続きを完了した台湾とアメリカの政府高官の相互訪問を可能にするアメリカの法律「台湾旅行法」にも触れ、それはアメリカの両国の関係強化に対する支持の現れだと指摘、今後、アメリカと共に、さらに堅実なパートナー関係を発展していく決意を示しました。

 

蔡・総統は、アメリカが「台湾関係法」と「六項目の保証」に書かれている台湾の防衛に対する約束を守ることに感謝すると共に、ガリエーゴ議員がアメリカの国会で台湾による世界保健機関、国際民間航空機関、国際刑事警察機構への参加を固く支持していることに対しても謝意を表しました。