インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

唐鳳・政務委員、バチカンで台湾民主を語る

2018-03-12
  • 唐鳳・政務委員、バチカンで

    唐鳳・政務委員、バチカンで

    唐鳳・政務委員が(前列左端)、バチカン市国で開催されたシンポジウムに参加し、台湾の民主主義について語った。(写真:バチカン駐在大使館/CNA)

唐鳳・政務委員が、バチカン市国で開催されたシンポジウムに参加し、台湾の民主主義について語った。

 

唐・政務委員は10日、バチカンで開催されたローマ教皇庁科学アカデミーが主催するAI(人工知能)に関するシンポジウムに参加して講演し、デジタル技術が台湾の民主主義に役立っていることを紹介した。

 

このシンポジウムは、AIを応用する際に必要な倫理的価値をテーマとするもので、世界10カ国・地域が参加している。唐・政務委員は、イタリアの国会議員の推薦で、この会議に参加し、講演を行った。

 

この講演で、唐・政務委員は、中国大陸について触れず、台湾の民主化を中心に紹介した。

 

また、唐・政務委員は、台湾のバチカン駐在大使館の手配で、第1回バチカン・ハッカソンを見学した。ハッカソンとは、特定のテーマに従って、ソフトウェア開発のプログラマなどが集まって作業を行い、短期間内に独特の作品を完成させるイベントだ。このイベントには、台湾大学化学工学科を卒業し、現在はマサチューセッツ工科大学に留学している廖怡穎さん、台湾大学図書情報学科を卒業し、イギリスのロンドンに留学している蘇芸生さんが参加している。

 

台湾とバチカンは正式な外交関係を結んでいる。しかし、最近、中国大陸がバチカンとの関係を改善させていることから、台湾とバチカンの関係の行方が注目されている。