インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

台湾、10日から再び寒波襲来

2018-02-09

寒波が流れ込む影響で台湾の平地では11日から13日まで摂氏7度から摂氏9度の低温が観測される見通し。中央気象局によると、きょう9日は台湾各地の気温がやや上昇しているものの、明日10日は寒気団南下の影響で夜から天気が崩れ、気温が著しく下がる。

 

11日から13日の早朝、寒波と放射冷却の影響で台湾各地ではいずれも低温が観測される。13日から旧暦の大晦日の15日まで、寒波が弱まり、気温が上昇する。15日から18日までの旧正月連休は好天に恵まれるという。