インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

台湾、野球で世界5位転落免れる

2018-01-11
  • WBCで惨敗

    WBCで惨敗

    昨年3月に行われた第4回ワールドベースボールクラシック予選で中華民国台湾は3戦全敗。写真は初戦の対イスラエル戦。6人の投手をつぎ込んだが、7対15で完敗した。(写真:CNA)

WBSC世界野球ソフトボール連盟による最新の野球世界ランキングで、中華民国台湾が4位を保った。最新ランキングのトップは昨年に続いて日本、次いで米国、韓国の順だった。米国は2017年のWBCワールドベースボールクラシックでの優勝をはじめ、様々な重要な大会で好成績をあげたことで、日本との差を244ポイントに縮めた。

 

中華民国台湾はWBCで惨敗、他の大会での成績も芳しくなく、総ポイントは昨年の3901ポイントから今回は3808ポイントに減った。台湾は昨年と同じ4位を保ったものの、3位の韓国との差は888ポイントから1142ポイントに広がる一方、5位のキューバとの差は164ポイントから131ポイントに縮まった。5位以降は、キューバ、メキシコ、オーストラリア、オランダ、ベネズエラ、カナダの順だった。