インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

総統:パラグアイ産牛肉輸入枠は拡大

2018-01-08

蔡英文・総統が、パラグアイ産牛肉の輸入枠を広げる考えを示した。蔡英文・総統は8日午前、総統府で、南米に位置するパラグアイのフェルナンド・ルゴ国会議長らの表敬訪問を受けた。蔡・総統は、2018年になってから台湾にやってくる初めての訪問団だとして、特別に有意義である他、中華民国台湾とパラグアイの密接かつ友好的な関係を示すと喜んだ。

 

蔡・総統は、過去1年余り、両国は協力計画を継続してきたと紹介、今年2月に発効する経済協力協定やパラグアイ産牛肉の輸入拡大、台湾・パラグアイ工業大学がまもなく実現することなどを具体的な成果としてあげた。また、パラグアイに与える台湾奨学金の枠も28人から今年は40人に増やすという。蔡・総統は、「パラグアイ産牛肉の輸入枠はすでに年間1万トンに増やしているが、今年はさらに拡大する」と話した。

 

蔡・総統は一方で、パラグアイが台湾の国際社会参与を支持する発言を様々な場で行っていることに感謝し、引き続き助け合いながら、国際社会に貢献していこうと呼びかけた。