インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

蔡・総統:M503北上路線使用開始を批判

2018-01-05
  • M503航空路と関連路線図

    M503航空路と関連路線図

    中国大陸は4日突然、台湾海峡を縦に通るM503航空路の北上路線とそれにつながる航空路W121、W122、W123の3本の使用を開始すると発表した。紅の点線が中国大陸の発表した航空路。黒い実線が台湾海峡の中間ライン。青の点線は台湾本島から離島の澎湖、金門、馬祖に向かう航空路。(交通部民用航空局提供、中央社)

蔡英文・総統が、中国大陸によるM503航空路北上路線の使用開始は地域の安定に寄与しないと批判した。中国大陸は4日突然、台湾海峡を縦に通るM503航空路の北上路線とそれにつながる航空路3本の使用を開始すると発表した。

 

行政院大陸委員会、並びに国防部など政府関連部会はいずれもこれに反対する立場を表明、中国大陸側が台湾との協議を経ないで設けた航空路は台湾海峡の中間ラインから東に侵入して台湾の空の安全を脅かすものだとの見解を明らかにした。

 

蔡・総統は5日、自身のツイッターに投稿した。蔡・総統は安定した両岸関係は地域の安定に重要だとした上で、中国大陸が最近軍事的な活動を繰り返していること、並びにM503航路の使用を開始したことなどの一方的な行いは地域の安定に寄与せず、絶対に避けるべきだと批判。一方で蔡・総統は、台湾は現状を維持するとして、各方面が力を合わせるよう呼びかけた。