インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

蔡・総統、CPTPPへの参加に意欲示す

2017-11-13
  • 蔡・総統、宋楚瑜氏と会見

    蔡・総統、宋楚瑜氏と会見

    蔡・総統(右)は13日午前、中華民国台湾を代表して首脳会議に参加した野党・親民党の宋楚瑜・主席(左から二人目)並びに代表団のメンバーと会見した。(写真:CNA)

蔡英文・総統が、CPTPPへの参加に向けて強い意志を示していくと宣言した。ベトナムで行われた今年のAPEC・アジア太平洋経済協力会議が終わり、蔡・総統は13日午前、中華民国台湾を代表して首脳会議に参加した野党・親民党の宋楚瑜・主席並びに代表団のメンバーと会見した。

 

蔡・総統は、各人の努力をねぎらった上で、TPP・環太平洋ペートナーシップ協定が、「CPTPP包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定」となったことを受けて、政府は参加に向けて全力であたり、世界に台湾の努力と意志を示していくと強調した。

 

蔡・総統は、「我々はTPPに新たな進展があったことを目にした。これは、対話と交流を通じてより幅広い経済貿易関係を結んでいくことが依然として世界各国共通の願いであることを証明している。新たな展開はチャンスであり、課題でもある。政府は全力を尽くし、産業構造と体質の調整に引き続きあたり、地域でのパートナーたちに、台湾が地域経済統合に加わっていこうとする努力とその意志を伝えていく」と述べた。