インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

宋楚瑜氏、APECでの中国大陸の善意を評価

2017-11-13

APEC・アジア太平洋経済協力首脳会議に参加した、野党・親民党の宋楚瑜・主席が、中国大陸側には善意があり、大国の振る舞いだったと評価した。今年のAPEC首脳会議に蔡英文・総統は昨年同様、親民党の宋楚瑜・主席を代理特使として派遣した。

 

宋楚瑜・主席は13日午前、総統府で記者会見を開き、今回の会議での成果を説明した。中国大陸について宋・親民党主席は、中国大陸の指導者、習近平氏がかつて、「大国は大国のような様子が必要だ」とした発言に触れた上で、今回は中華民国台湾の代表団の一人、行政院の鄧振中政務委員(副大臣)が当初、ベトナムの入国ビザ発給が遅れた問題、また宋楚瑜・主席に同行した娘の宋鎮邁さんがAPEC首脳の配偶者によるイベントに参与した点で、中国大陸側はかなりの善意を示したとの認識を示した。

 

そして宋楚瑜・主席は、「中国大陸側には堅持するところがあり、我々にも自由民主の制度などが守るべきものとしてある」として、いかにして誠意をもってこうした問題を適切に処理するかは政権与党が改めて理解すべきことだと強調した。

 

なお、宋楚瑜・主席は、日本の安倍首相との交流についても述べている。日本の外務省は12日、プレスリリースを発表して、安倍首相が宋・主席と約30分間の会談を行ったと明らかにした。プレスリリースでは、宋・主席は安倍首相に対して最近の両岸関係について説明し、安倍首相は、「両岸関係は当事者間で対話を以って平和的に解決すべきで、両岸が地域の平和と安定に貢献することに期待するとの立場を伝えたと説明している。

 

これに対し宋・親民党主席は13日の記者会見で、両岸関係について具体的な話はしておらず、安倍首相が基本的な見方を聞くのでそれに答えたのに過ぎないと説明した。

 

宋楚瑜・主席によれば、これは安倍首相に限ったことではなく、多くの国の代表が、両岸間の問題に関心を示したということ。しかし、今回の会議で中国大陸側は、他の国々に台湾との交流をやめるよう求めることは一切なかったということ。