インターネット放送を聴く
 
 
QR Code
 

台湾がハリケーン被害に寄付、米が感謝

2017-09-13
  • ハリケーンで帰れない米選手

    ハリケーンで帰れない米選手

    ハリケーン「ハービー」で、ユニバーシアード台北大会のために台湾に来ていたアメリカ選手が24人が帰国できなくなってしまった。体育大学は学生宿舎を選手たちに提供。桃園市警察局の亀山分局も、外事警察官を派遣して協力した。(写真:桃園市亀山警分局/CNA)

台湾は、アメリカを襲ったハリケーン「ハービー」の被災地再建のため、各国に先駆けて50万米ドルの義援金をアメリカに贈った。

 

中華民国の高碩泰・アメリカ駐在代表は12日、台湾を代表して50万米ドルを、「ハービー」の被災地再建のため、アメリカ赤十字社に贈った。

 

これに対して、アメリカの国務省、アメリカ在台協会は感謝を表明している。

 

このほか、台湾は、被害が大きかったヒューストン市の災害再建基金に、直接、30万米ドルを寄付した。