インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

台北で日本観光PR、永瀬正敏さんも

2017-03-20
  • 永瀬さんが観光PRに

    永瀬さんが観光PRに

    日本の人気俳優、永瀬正敏さんが今週末、日本観光のPRで再び来台する。台湾の人たちが最も親近感を持つ日本の俳優さんかも。(写真:CNA)

日本観光の宣伝のため、日本の人気俳優、永瀬正敏さんが再び台湾と訪れる。日本の対台湾窓口機関・日本台湾交流協会は25日と26日、台湾北部・台北市の華山文化クリエイティブパークで様々なイベントを行う。初日の25日には日本酒の展示や試飲会、日本のグルメや健康産業の体験ができるスペースを設け、台湾の人たちに日本の文化、名所旧跡など日本旅行の重点を紹介する。

 

また、台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』で戦前の嘉義農林学校野球部の監督を演じた、日本の人気俳優・永瀬正敏さんが九州の地元の情報を紹介する。永瀬さんは宮崎県出身。さらには熊本県の山鹿灯篭祭りが台湾に乗り込み、来場者にその扮装を試着させるという。

 

この活動は25日と26日、華山文化クリエイティブパークの4B館で開催。時間は午前11時から午後7時まで出、日本の東北、そして九州の特色豊かな文化とグルメが体験できるということ。