インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

桃園メトロ、通信異常で開業後初の遅れ

2017-03-18
  • 桃園メトロ空港線で初トラブル

    桃園メトロ空港線で初トラブル

    桃園メトロ空港線が17日夜、一部区間で遅れが出る事態に。3月2日の開業以来初のトラブル。システムの設定が原因だったとのことで、政府の主務機関は運営側に対し、より頻繁な検査を要求した。(写真:CNA)

台湾桃園国際空港と台北駅などを結ぶ桃園メトロ空港線の坑口駅で17日夜10時ごろ、通信異常が発生して列車に8分から15分の遅れが出た。3月2日に開業して以来、トラブルは初めて。18日には正常運転となっている。

 

桃園メトロ公司が18日早朝に発表したプレスリリースによると、17日夜9時30分から11時30分までの間、坑口駅区間で列車が止まったり走ったりする異常が発生した。8分から15分の遅れで運行を続け、17日のすべての運行を終えてから点検したところ、坑口駅区間の無線シグナルが非常に弱く、列車が全自動での高速運転でこの区間を通過できなくなっていた。このため速度を落として手動運転に切り替え、時速25キロで同区間を運行したという。

 

管轄する交通部高速鉄路工程局は18日、システムの設定に問題があったとして、桃園メトロ公司に対し、検査の頻度を高めるよう要求したことを明らかにした。