インターネット放送を聴く
 
 
QR Code

プユマ号脱線事故、死者18人負傷者175人

2018-10-22

21日午後3時9分に新北市樹林駅発台東行きの台湾鉄道のプユマ号(列車番号)6432が、午後4時50分に台湾北東部・宜蘭県の新東駅で脱線転覆事故を起こした。台湾鉄道は21日午後11時58分に死者と負傷者の人数を更新した。台湾鉄道の発表によると、21日午後11時50分時点では、死者が18人、負傷者が175人に増えた。

 

なお、事故の影響で不通となっていた宜蘭県冬山-蘇新間の東正線は、22日午前5時12分、障害物が撤去され、双方向運転が可能な単線運転が再開された。

 

(編集:王淑卿)