インターネット放送を聴く
 
 
QR Code
 

外交部:米国と中国大陸の対話把握

2017-06-22
  • 米国と中国大陸の安全保障対話

    米国と中国大陸の安全保障対話

    米国と中国大陸は21日、ワシントンで外交・安全保障対話を行った。写真はティラーソン米国務長官。(写真:共同社提供、CNA)

外交部が、米国と中国大陸の外交安全保障対話の内容は把握していると明らかにした。米国と中国大陸の外交安全保障対話は21日に米ワシントンで行われた。米国でトランプ大統領が誕生して初めての外交及び安全保障対話(D&SD)で、米国はティラーソン国務長官とマティス国防長官が出席、中国大陸からはいわゆる国務委員の楊潔箎氏、中共中央軍事委員会聯合参謀部の房峰輝・参謀長らが出席した。

 

これについて、外交部の王珮玲・報道官は22日、対話の前後に米国側からの報告があると明らかにし、台湾と米国との密接かつ友好的な関係、そして様々な対話ルートが円滑に運営されていることを強調した。

 

王・報道官は、「米国側とあらかじめ密接なコミュニケーションを行い、我々は関連の計画を理解した。また、中国大陸との対話の後にも米国側が我々に報告を行うだろう。だからこれまでどおり、米国と中国大陸が重要な交流を行う際には常に、その前後に米国側による報告を受けている」と話した。