光點福隆主題燈區 璀璨光雕點亮星空

ライトスポット・福隆、15日に点灯

「ライトスポット・福隆」シリーズ活動が15日にスタート。新北市(台湾北部)福隆地区には10か所の創意工夫を凝らしたテーマ別のライトスポットが設けられている。写真は「大海原の抱擁」。このエリアには海洋生物をモチーフにした展示品が随所見られ、まるで観客を美しい海の世界へ誘おうとしているようだ。(写真:東北角及び宜蘭海岸国家風景区管理処提供、CNA)

台北資訊月 SG展示商品(3)

台北ITマンス、12/11まで

台湾最大規模のコンシューマ・エレクトロニクス展「ITマンス」が6日から11日にかけて台北で開催されている。台北が終わったら、台中、高雄、台南でも開催される。今年特に注目されているのは人口知恵(AI)、顔認識システム、AI市場。AI関連の業者20社は100の小間で出展している。(写真:CNA)

警方勸離反勞基法修法抗議民眾

労働基準法の改正、論議絶えず

立法院は4日夜、労働基準法改正案の委員会審議を行った。一部の労働者団体は、改正に反対して立法院の周辺に集まり、交通を妨害。警察は大量の警察官を投入して抗議者を車道から排除した。(写真:CNA)

北海道阿寒湖毬藻特展 台博館登場

台湾と「マリモ」の関係とは

台湾と「マリモ」とはどんな関係があるのだろう。日本の植物学者、川上瀧彌が1897年、阿寒湖で発見した緑藻に「マリモ」と名付けたのが、この名前の始まりだそうだ。それから120年になるのを記念して、国立台湾博物館では、「川上瀧彌と阿寒湖の自然」と題する展示会を開催している。というのも、国立台湾博物館の前身は、日本植民地時代の台湾に開設された台湾総督府民政部殖産局付属博物館。その初代館長となったのが、この川上瀧彌だったのである。(写真:CNA) 

台灣小姐總決賽 文大高曼容摘后冠

2018ミスインターナショナル台湾代表決定

第9回ミス台湾2017コンテストの最終審査の結果が1日に明らかになった。今年20歳の私立中国文化大学の学生、高曼容さん(中央)がほかの最終候補者13名を打ち負かし2017年のミス台湾に選ばれた。高曼容さんは台湾の代表として日本で開催される、「2018ミスインターナショナル」に出場する。写真は上位5位の参加者。(写真:CNA)

台灣小姐總決賽 佳麗爭豔(1)

ミス・タイワンの決勝、高雄で

2017年第9回ミス・タイワン(台湾小姐)の決勝が12月1日、高雄圓山飯店で。(写真:CNA)

天氣回暖(2)

久しぶりの好天

中央気象局によると、26日、台湾北部と東北部が雨に見舞われたものの、27日から好天に転じ、28日から30日までは気温が急に上昇し、南部では日中の最高気温は30℃から31℃になる見通しだという。(写真:CNA)

好天に恵まれて

好天に恵まれて

中央気象局によると、26日、台湾北部と東北部が雨に見舞われたものの、27日から好天に転じ、28日から30日までは気温が急に上昇し、南部では日中の最高気温は30℃から31℃になる見通し。(写真:CNA)

外交部、イスラエル等の情勢を注視

「促転条例」、中正記念堂変革に法的根拠

国軍のP-3C哨戒機部隊編成が完了

雲門舞集の林懷民芸術総監、2019年末に引退

総統府:李明哲の実刑判決は両岸関係損なう

野柳の女王岩に新たな亀裂?

台鉄車両基地音楽会、台日記念車両もお目見え

名シェフ江振誠、成都での出店計画発表

PC版に切り替える
apple_icon news_app radio_app      android_icon news_app radio_app