インターネット放送を聴く
 
 
QR Code
  • 台中國家歌劇院開幕首演萊茵黃金(1)

    台中国家歌劇院は前衛オペラで杮落とし

    台中国家歌劇院が30日にグランドオープンする。杮落としの演目はスペインの前衛パフォーマンス団体、ラ・フラ・デウス・バウス劇団。そして、著名な指揮者、呂紹華氏が国家交響楽団(NSO)を率いて、ワーグナーのオペラ、『ラインの黄金』を公演する。3Dプロジェクションマッピングや大胆な舞台装置を用い、観客を宇宙にいるかのように感じさせる、未来的かつ幻想的なステージになると言う。野外でも中継し、無料で楽しめるようになっている。台中国家歌劇院は日本の著名な建築家、伊東豊雄氏の手によるもの。世界で最も困難な工事と呼ばれた、きわめてユニークな建物だ。(写真:CNA)

  • 文湖線列車爆胎(1)

    MRT文湖線でパンク、終日乱れる

    台北新交通システム(MRT)で唯一の中量輸送軌道システム、文湖線で29日午前10時過ぎ、タイヤがパンクする事故が発生、異常を感知した列車は運行を停止した。けが人はなかった。台北新交通システム公司は乗客を誘導して外に下ろすと、故障車両を車両基地にゆっくりと移動させた。文湖線は大部分が高架のコースをタイヤで走るシステム。コースも上下1本ずつで「逃げ道」が少ない。このため運行再開後、事故の起きた区間では「単線」運行で対応。退勤時間になっても混乱が続いていたため、臨時のシャトルバスを導入して乗り切った。台北新交通システムの運行が乱れることは大変珍しい。(写真:CNA)

  • 肉包姨:來跟我小甜甜買水果

    台風でも肉まん!のおばさん発見

    台風17号は各地に強烈な風雨をもたらした。米国のAP通信は、強風で傘が裏返しになって恐怖におののきながら、手に持った肉まんを放さず食べ続ける中年女性の姿を撮影、米「ウォールストリートジャーナル」紙でこの写真が報道され、微笑ましいカットとして評判になった。29日、その主役が見つかった。台北市景美区で果物を売る屋台の女主人で、メディアの取材に対して「果物を買いにきてね」と商魂たくましい。ファッションもなかなかのモノ。問題の写真は、キーワード「umbrella typhoon Taiwan wall street journal」で画像検索すれば見られる。(写真:CNA)

  • 颱風襲台 國3遊覽車翻車3日客輕傷

    台湾中部の高架道路で4台が横転

    台風17号の強風が台湾各地で猛威を発揮。27日には国道3号線の龍井から烏日までの区間で横風にあおられた観光バスが横転。日本の観光客29人が乗っており、8人が病院に運ばれた。そのうち1人は重傷。他の7人は軽傷だった。この区間は高架道路で海のそばを通っているため、元々風が強い。午前に台風が近づくにつれて、トラックやトレーラーが相次いで横転、合計4台が横倒しになったと言う。この団体ツアーは25日に東京からやってきて、28日には帰国する予定だった。(写真:CNA)

  • 颱風梅姬強風 八德圍牆倒壓車

    台風の風は壁をも倒す

    台風17号は27日、台湾各地に強烈な風と雨をもたらした。台湾北部・桃園市八徳区にある国軍化学兵訓練センターの周囲を取り囲む壁が強風に耐えられずに崩壊。壁際に並べられた自動車はブロックの餌食に。(写真)強風によって街路樹が倒れ、看板が落ち、トタン屋根が浮き上がり、建設現場の足場が崩れるなど各地で被害が伝えられた。(写真:CNA)

  • 颱風梅姬發威 安平運河滿出來

    豪雨で安平運河が「海」に

    台湾南部・台南市の沿海地域では27日夜が潮位の高い「大潮」。そこに台風17号の雨が加わり、午後7時過ぎには潮位が通常の平均を17センチメートル上回り、安平運河では水が安平路に流れ出した。一時は30センチの冠水となり、付近の住宅にも流れ込む事態に。安平運河は幅の広い川で、地元の人も水が流れ出すのは初めて見たと驚く。警察も「もはや川ではなく海」と警戒した。(写真:CNA)

  • 梅姬襲台 新北烏來成孤島(2)

    土石流でまたも陸の孤島に

    台湾北部・新北市の温泉場、そして原住民族の里として知られる烏来(ウーライ)に向かう台9甲線の10.2キロ地点では27日午後、山間部に降った大雨による土砂崩れが発生。道路が不通となり、ウーライの一部と外部との交通が絶たれた。ウーライは台風で豪雨が降るたびに土砂災害に見舞われている。(写真:新北市政府消防局提供、CNA)

  • 梅姬襲台  樹倒車毀(1)

    台北でも街路樹が倒れる

    台北災害対応センターが27日午後2時半の時点でまとめた統計によれば、市内での被災状況で最も深刻なのは街路樹。倒れたり傾いたりした街路樹は185カ所。けが人は12人で、そのうち6人は突風を受けて転倒した。台北市政府警察局は市民に対して、できるかぎり外出は避けるよう呼びかけた。台北市も27日は終日出勤停止、休校の「休日」あつかい。バスは午後になって全面的に運休。台北新交通システム(MRT)も屋外を走る線は運行を取り止めた。写真は街路樹が倒れて自動車をつぶしている現場。(写真:CNA)

  • Video Test 1